堤真一が石田ゆり子におもしろを期待、岡田健史には薪ストーブでピザ作り約束

592

望み」の舞台挨拶が本日9月27日に東京・神楽座で行われ、キャストの堤真一石田ゆり子岡田健史、監督の堤幸彦が登壇した。

「望み」舞台挨拶の様子。左から堤幸彦、石田ゆり子、堤真一、岡田健史。

「望み」舞台挨拶の様子。左から堤幸彦、石田ゆり子、堤真一、岡田健史。

大きなサイズで見る(全19件)

堤真一

堤真一[拡大]

雫井脩介の同名小説を実写化した本作。高級邸宅で暮らす石川家の長男が、ある殺人事件への関与を疑われたことから、幸せだった家族の日常が一変するさまを描く。堤真一が一級建築士・石川一登、石田が妻・貴代美、岡田が長男・規士、清原果耶が長女・雅を演じた。

石田ゆり子

石田ゆり子[拡大]

「台本を読んでとにかく難しいと思ったので、最初はお断りしようと思った」と告白した堤真一。その理由について「言葉と体のズレがすごく大きい。『信じる』と強く言っても肉体は衰えていくような、2つが乖離していくお話だったので。ほんとにつらかったですね」と説明する。石田も「想像を絶するお話なので、飛び込むしかないと思いました。順撮りだったのがありがたかったのですが、ある瞬間からすべてのシーンが泣いているような状態だったので、つらかったです」とうなずいた。

堤幸彦

堤幸彦[拡大]

堤幸彦は「まるで演劇を作っているように緊張感のある撮影が毎日続いて、今までに経験したことのない映画作りでした」と回想。初めてタッグを組んだ堤真一を「『クライマーズ・ハイ』という映画が大好きで、ずっとご一緒したかった。セリフのひと言ひと言にすごい熱量を掛けていただけて助けられました」と称賛し、石田に「『悼む人』という映画に続き、今回またつらいことを強いてしまって。ですが強い母の愛を体現していただきました」と感謝する。岡田には「誰にも代えられない存在。特に“残り香”というか、振り向いた目線で何かを残していく。そこにぜひ注目してただきたい。彼の未来を決する作品になっているんじゃないかと思います」と賛辞を贈った。

左から堤真一、石田ゆり子。

左から堤真一、石田ゆり子。[拡大]

続いて、堤真一と石田に向けて「もし本当の夫婦だったら相手に望むことは?」という質問が。堤真一は「なんにもないです! ないんですけど、1日に2、3回はおもしろをやってくれると思うのでそれを期待しています」とニヤリと笑う。すると石田は「なんにもないなんて嘘です! 撮影中に『ほんとに手順を覚えない人だね』って言われ続けたので、内心ちゃんとやってくれって思ってるはずです」と返答。また、撮影現場では堤真一が薪ストーブについて熱弁していたそうで、石田は「薪ストーブがいかに素晴らしいかを楽しそうに話していらして。だから薪ストーブの話をしないでいただきたいです(笑)」と反撃した。

薪ストーブで暖まった部屋で、石田ゆり子のクラシックギターを聴いて眠るところを想像する岡田健史。

薪ストーブで暖まった部屋で、石田ゆり子のクラシックギターを聴いて眠るところを想像する岡田健史。[拡大]

薪ストーブの素晴らしさを熱弁する堤真一。

薪ストーブの素晴らしさを熱弁する堤真一。[拡大]

「2人が本当の両親だったら?」という問いに、岡田は「堤さんがお父ちゃんだったら、これから寒くなっていきますし、薪ストーブで家をまんべんなく暖めていただきたいです」と回答。その言葉に堤真一は「あったまるのよ! ほんとに。ピザも作ってあげる」と嬉々として薪ストーブのよさを語り出して笑いを誘う。さらに、岡田は「石田さんがお母ちゃんだったら、僕が眠れない夜にクラシックギターで眠らせてほしいです」と望みを伝えると、実際にクラシックギターを習っているという石田は「なんてことでしょう。岡田さんが息子だったらやりますよ」とほほえんだ。

「望み」は10月9日に全国で公開。

この記事の画像・動画(全19件)

関連記事

堤真一のほかの記事

リンク

関連商品

(c)2020「望み」製作委員会

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 望み / 堤真一 / 石田ゆり子 / 岡田健史 / 堤幸彦 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。