SKIPシティ映画祭が本日オンラインで開幕、映画人22名の激励メッセージ解禁

133

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2020が本日9月26日に開幕。22名の映画人によるビデオメッセージがYouTubeで解禁された。

左上から時計回りに中野量太、三池崇史、上田慎一郎、タニア・レイモンド、渡辺真起子。

左上から時計回りに中野量太、三池崇史、上田慎一郎、タニア・レイモンド、渡辺真起子。

大きなサイズで見る(全4件)

国際コンペティション作品&監督一覧

国際コンペティション作品&監督一覧[拡大]

国内コンペティション作品&監督一覧

国内コンペティション作品&監督一覧[拡大]

2004年から埼玉・川口での開催を続けてきたSKIPシティ国際Dシネマ映画祭。17回目となる今年は初めてのオンライン開催に。国際コンペティションでは長編10作品、国内コンペティションでは長編5作品と短編9作品の計24本をシネマディスカバリーズで配信する。単品での視聴は長編が税込300円、短編が税込100円。また税込1480円の見放題プランも用意された。ラインナップは下記で確認を。映画祭の公式YouTubeチャンネルでは監督のインタビュー動画やQ&A企画も公開する。

このたび解禁となった動画では、過去にノミネートや受賞を果たした映画監督や俳優陣、審査員を務めた監督やプロデューサーなど、映画祭と縁の深い人々が激励と観客へのメッセージを語っている。映画監督では「浅田家!」の中野量太、「蜜蜂と遠雷」の石川慶、「カメラを止めるな!」の上田慎一郎、「赤い雪 Red Snow」の甲斐さやか、「家へ帰ろう」のパブロ・ソラルス、「淵に立つ」の深田晃司、「初恋」の三池崇史らが名を連ねた。また俳優の柳英里紗堀春菜安藤玉恵川瀬陽太佐伯日菜子和田光沙松浦祐也タニア・レイモンド渡辺真起子もコメントを寄せている。

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2020(第17回)

シネマディスカバリーズ 2020年9月26日(土)~10月4日(日)
単品価格:長編 税込300円 / 短編 税込100円
見放題プラン:税込1480円

国際コンペティション

「カムバック」
「フェリチタ!」
「南スーダンの闇と光」
「願い」
「リル・バック/メンフィスの白鳥(仮題)」
「シュテルン、過激な90歳」
「ペリカン・ブラッド」
「ザ・ペンシル」
「戦場カメラマン ヤン・グラルップの記録」
「写真の女」

国内コンペティション 長編部門

「あらののはて」
「B/B」
「コーンフレーク」
「コントラ」
「雨の方舟」

国内コンペティション 短編部門

「axandax」
「来夢来人」
「ムイト・プラゼール」
「つぐない」
「レイディオ」
「リッちゃん、健ちゃんの夏。」
「ななめの食卓」
「stay」
「そして私はパンダやシマウマに色を塗るのだ。」

この記事の画像・動画(全4件)

中野量太のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 中野量太 / 石川慶 / 上田慎一郎 / 甲斐さやか / パブロ・ソラルス / 深田晃司 / 三池崇史 / 柳英里紗 / 堀春菜 / 安藤玉恵 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。