齊藤工が「アイヌモシリ」主演俳優をモノクロで捉えたスチル写真到着

488

福永壮志の監督作「アイヌモシリ」より、齊藤工斎藤工)が撮影したスチル写真が到着した。

齊藤工が撮影したスチル写真。

齊藤工が撮影したスチル写真。

大きなサイズで見る(全28件)

本作の舞台は北海道・阿寒湖畔アイヌコタン。アイヌの血を引く少年の成長を通して現代のアイヌ民族のリアルな姿がみずみずしく描かれる。自身もアイヌの血を引く下倉幹人が14歳の少年カント役で参加し、下倉の実の母である下倉絵美がカントの母役、阿寒に暮らす秋辺デボがアイヌの伝統を重んじるデボ役で出演した。三浦透子、リリー・フランキーらもゲスト出演でキャストに名を連ねる。

齊藤工デザインのオリジナルポストカード。

齊藤工デザインのオリジナルポストカード。[拡大]

齊藤工が撮影したスチル写真。

齊藤工が撮影したスチル写真。[拡大]

本作を応援していたという齊藤は、阿寒を訪れ撮影。下倉の姿や風景の数々を捉えた。そのうちの1枚をもとに彼がデザインイメージを手がけ作成したオリジナルポストカードは、公開初日の劇場プレゼントとして来場者に限定配布される。東京・ユーロスペース、北海道・シアターキノほか一部劇場で手に入るので、各劇場の初日など詳細は作品公式サイトで確認しよう。齊藤は「『アイヌモシリ』には“本物”しか映っていない “本当”しか描かれていない」とコメントしている。

福永が5年の歳月を掛けて作り上げた「アイヌモシリ」は10月17日より東京・ユーロスペースほか全国で順次公開。本作は第19回トライベッカ映画祭のインターナショナル・ナラティブ・コンペティション部門で審査員特別賞を受賞している。

※「アイヌモシリ」の「リ」は小文字が正式表記

齊藤工 コメント

「アイヌモシリ」には
“本物”しか映っていない
“本当”しか描かれていない

実は福永監督は
勝手に福永作品を応援する自分に対して本作への出演を考えて下さった事がある
光栄な事だが本作の脚本を読ませて頂き
すぐに自分の出る幕は無いと確信しそれをお伝えした
それだけ“アイヌの本物”による“アイヌの本当”の世界がそこには描かれていた
結果私は現場スチールの一人として参加させて頂く事となった
現場では
阿寒湖の畔に佇むカントの曇りなきまなこに対し息を呑み
シャッターを切る事を忘れた
福永監督や撮影のショーンはそんな瞳やアイヌの歴史や儀式や日常と対峙し続けた
そして完成した「アイヌモシリ」を観て
自分の判断は間違いなかったと確証した

この世界の中に存在出来るのは
アイヌコタンの皆さんと
リリー・フランキーさん三浦透子さんだけである

熊のチビの瞳に映るモノは何なのか
そしてカントが“アイヌの今”として存在し
我々人間の未来を聡明に照らす

この記事の画像・動画(全28件)

関連記事

齊藤工のほかの記事

リンク

関連商品

(c)AINU MOSIR LLC/Booster Project

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 アイヌモシリ / 齊藤工 / 斎藤工 / 下倉幹人 / 福永壮志 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。