「DUNE/デューン 砂の惑星」日本公開が決定、字幕付き予告&インタビュー解禁

468

ティモシー・シャラメが主演、ドゥニ・ヴィルヌーヴが監督を務めた「DUNE/デューン 砂の惑星」の公開が決定。このたび日本語字幕付きのUS予告とメイキングを含むキャストのインタビュー映像がYouTubeで解禁された。

「DUNE/デューン 砂の惑星」

「DUNE/デューン 砂の惑星」

大きなサイズで見る(全3件)

1965年の刊行以来、数々のSF作品に影響を与えたフランク・ハーバートの小説「デューン」シリーズを、「メッセージ」「ブレードランナー 2049」のヴィルヌーヴが実写化した本作。原作はアレハンドロ・ホドロフスキーが映画化に着手したもののプロジェクトが中断、のちにデヴィッド・リンチが「デューン/砂の惑星」のタイトルで映画化したことでも知られる。

舞台は人類が地球以外の惑星に移住して宇宙帝国を築いた遠い未来。惑星を1つの大領家が治める厳格な身分制度が敷かれる中、シャラメ演じる主人公ポールの父レト・アトレイデス公爵は皇帝の命を受けて、砂に覆われた惑星“デューン”を治めることになる。デューンは秘薬“メランジ”の宇宙唯一の生産地であり、アトレイデス家には莫大な利益がもたらされるはずだった。しかし皇帝と結託したメランジの採掘権を持つハルコンネン家の陰謀により、レト公爵は失脚。壮絶な戦いで父を殺され、地位も追われたポールは、現地の自由民フレメンに紛れながら、帝国に対して革命を起こす決意する。

「スター・ウォーズ」シリーズのオスカー・アイザックと「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」のレベッカ・ファーガソンがポールの両親役で出演。「アベンジャーズ」シリーズのジョシュ・ブローリン、「スパイダーマン」シリーズのゼンデイヤ、「アクアマン」のジェイソン・モモア、「ノーカントリー」のハビエル・バルデム、「さざなみ」のシャーロット・ランプリングもキャストに名を連ねた。

予告はポールの「僕の中で何かが覚醒し始めてる」というセリフで幕開け。夢で未来を見ることができるポールは、ある女性と結ばれる将来や反乱を予言する。「預言では救世主が現れ、全宇宙の運命が託される」というセリフとともに、デューンで激しい戦いが巻き起こる様子も。予告は砂の惑星にうごめく謎の超巨大生物サンドワームと対峙するシーンで締めくくられた。

「DUNE/デューン 砂の惑星」は近日公開。

この記事の画像・動画(全3件)

関連記事

ティモシー・シャラメのほかの記事

リンク

関連商品

(c)2020 Legendary and Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 ティモシー・シャラメ / ドゥニ・ヴィルヌーヴ / オスカー・アイザック / レベッカ・ファーガソン / ジョシュ・ブローリン / ゼンデイヤ / ジェイソン・モモア / ハビエル・バルデム / シャーロット・ランプリング の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。