「バッド・ジーニアス」主演女優の新作タイ映画が12月公開、断捨離する女性描く

196

「バッド・ジーニアス 危険な天才たち」のチュティモン・ジョンジャルーンスックジンが主演を務めたタイ映画「ハッピー・オールド・イヤー」が、12月11日より公開される。

「ハッピー・オールド・イヤー」ポスタービジュアル

「ハッピー・オールド・イヤー」ポスタービジュアル

大きなサイズで見る

3月に開催された第15回大阪アジアン映画祭で、コンペティション部門のグランプリに輝いた本作。北欧でミニマルなライフスタイルを学んだデザイナーのジーンは、帰国後に実家をデザイン事務所に改装することを思い立ち、“断捨離”を始める。友達から借りた物や元恋人の持ち物だったカメラを送り返すジーンだったが、部屋が整理されていくのと反比例して、物にまつわる思い出があふれ出し、心は千々に乱れていくのだった。

監督を務めたのは「フリーランス」などを手がけたタイ映画界の新世代旗手、ナワポン・タムロンラタナリット。「アイ・ファイン、サンキュー、ラブ・ユー」のサニー・スワンメーターノンがジーンの元恋人を演じたほか、サリカー・サートシンスパー、ティラワット・ゴーサワン、アパシリ・チャンタラッサミーも出演した。あわせて公開されたポスタービジュアルには、パステル調の色味を背景にしてゴミ袋を持つジーンの姿が。イラストは、姉妹イラストレーターユニット・STOMACHACHE(ストマックエイク)が描いた。

「ハッピー・オールド・イヤー」は東京・シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国で順次公開。

関連記事

チュティモン・ジョンジャルーンスックジンのほかの記事

関連商品

(c) 2019 GDH 559 Co., Ltd.

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 ハッピー・オールド・イヤー / チュティモン・ジョンジャルーンスックジン / ナワポン・タムロンラタナリット / サニー・スワンメーターノン の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。