後藤淳平、初共演の徳永えりに安心感「スイミングスクールが一緒」

41

ロックンロール・ストリップ」のトークイベント付き舞台挨拶が8月26日に東京・テアトル新宿で開催され、キャストの後藤淳平ジャルジャル)、徳永えり、監督の木下半太が登壇した。

左から木下半太、後藤淳平、徳永えり。

左から木下半太、後藤淳平、徳永えり。

大きなサイズで見る(全4件)

劇団「渋谷ニコルソンズ」「なにわニコルソンズ」を主宰する木下が、自伝的小説を自ら映画化した本作。映画監督を夢見る劇団の座長・木村勇太を後藤、木村の恋人・栗山千春を徳永が演じた。

左から木下半太、後藤淳平、徳永えり。

左から木下半太、後藤淳平、徳永えり。[拡大]

先頃行われた初日舞台挨拶に続いて「監督になったぞー!」と絶叫した木下は、観客から温かい拍手を受ける。後藤はそんな木下の撮影現場での様子を「ずっとキラキラされていて、ハッピーオーラがすごかったですね。それがストリップ劇場全体を包み込んで、みんな幸せに仕事をさせていただきました」と語り、徳永も「ずっと楽しそうで、それが一番うれしかったですね」と笑う。

撮影初日には木村と千春の別れのシーンが捉えられたそう。木下は「いきなり喧嘩して徳永さんが泣いてるから、『女優ってすごいなあ!』って……」と驚いたことを明かす。後藤は「安心感があるなと思ったら地元が一緒で、通っていたスイミングスクールも一緒だったんです」と初共演となった徳永の印象に言及した。

イベントでは、物語にちなんで「ストリップ劇場で前座をしてほしいと依頼があったら?」という質問が。後藤は「相方の福徳(秀介)を連れて行っていいですよね? さすがに単体は……」と前置きしたあと「ちょうどストリップのネタが1本だけあるんです。福徳が脱ぎそうになって、お客さんの僕が『脱ぎそう、脱ぎそう……脱がなーい。おっ、おっ、おっ、おっ……おうん』ってだけのネタがあるんです。それをやります」と答えて会場を沸かせた。

「ロックンロール・ストリップ」は全国の劇場で上映中。

この記事の画像・動画(全4件)

関連記事

後藤淳平のほかの記事

リンク

関連商品

(c)木下半太・小学館/タッチアップエンターテインメント

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 ロックンロール・ストリップ / 後藤淳平 / ジャルジャル / 徳永えり / 木下半太 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。