萩原みのりが出演した“ほんの少し未来”描く短編、ニッサン パビリオンで公開

27

「お嬢ちゃん」の萩原みのりが、本日8月8日より神奈川・横浜みなとみらい21地区のニッサン パビリオンで公開されるショートムービー「ハンズフリー・ラブ」に出演していることがわかった。

「ハンズフリー・ラブ」

「ハンズフリー・ラブ」

大きなサイズで見る(全2件)

ニッサン パビリオンは、8月1日より10月23日まで期間限定で営業する日産自動車の体験型エンタテインメント施設。同施設で公開される「ハンズフリー・ラブ」は、「『ProPILOT』をはじめとした運転支援技術が可能にする未来」というテーマのもと、「世界から猫が消えたなら」「恋は雨上がりのように」の永井聡が手がけた映像だ。

「ハンズフリー・ラブ」

「ハンズフリー・ラブ」[拡大]

自動運転の車が普及し始めた今より少し未来の東京を舞台に、萩原は一見どこにでもいる仲のいいカップルを長谷川翔平とともに演じた。萩原は「大切な人と、きちんと向き合うことができる。目を見て話すことができる。こんな温かい作品に参加させていただけて、とても幸せでした」とコメントしている。ニッサン パビリオンの公式サイトでは、同ムービーの30秒トレイラーを視聴できる。

萩原みのり コメント

この作品は、ほんの少し未来のラブストーリーです。大切な人と、きちんと向き合うことができる。
目を見て話すことができる。こんな温かい作品に参加させていただけて、とても幸せでした。
共演者の長谷川さんをはじめ、スタッフの方々と沢山相談しながら楽しく撮影させていだだきました。皆さんの心に優しく届くことを願っています。

この記事の画像(全2件)

関連記事

萩原みのりのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 萩原みのり / 永井聡 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。