山寺宏一、水樹奈々、高木渉、伊藤静が「劇場版 BEM」オリジナルキャラ演じる

35

劇場版 BEM ~BECOME HUMAN~」に山寺宏一水樹奈々高木渉伊藤静が参加していることがわかった。

上段左から山寺宏一、マンストール、水樹奈々、エマ。下段左から高木渉、ドラコ、伊藤静、グレタ。

上段左から山寺宏一、マンストール、水樹奈々、エマ。下段左から高木渉、ドラコ、伊藤静、グレタ。

大きなサイズで見る(全3件)

「劇場版 BEM ~BECOME HUMAN~」ティザーポスター

「劇場版 BEM ~BECOME HUMAN~」ティザーポスター[拡大]

本作は「妖怪人間ベム」生誕50周年記念として、原作の持つ設定やメッセージ性を残しながら、物語の舞台やキャラクターを変更して2019年に放送されたテレビアニメ「BEM」の劇場版。テレビアニメ版に引き続きベム役を小西克幸、ベラ役をM・A・O、ベロ役を小野賢章が担当し、ゲスト声優として宮田俊哉(Kis-My-Ft2)が出演している。

今回明らかになったのは、劇場版オリジナルキャラクターのキャスト。ベムにそっくりな男ベルムが勤める製薬会社ドラコ・ケミカルの上司マンストールを山寺、ベルムのよき妻であるエマを水樹が演じ、ドラコ・ケミカル社長のドラコに高木、彼の秘書グレタに伊藤が声を当てた。

山寺はマンストールを演じた感想を「一見さえない感じの人物ですが、とてもやりがいがありました」と述べ、「『妖怪人間ベム』は小学生の頃、怖がりながらも夢中で観ていたので、今回参加出来て本当に嬉しかったです! 独特の世界観のこの作品を是非劇場でご覧下さい!」とコメントしている。水樹、高木、伊藤のコメントは下記に掲載した。

「劇場版 BEM ~BECOME HUMAN~」は今秋公開。Production I.Gがアニメーション制作を手がけ、2017年放送のテレビアニメ「魔法陣グルグル」の博史池畠が監督を務めた。

山寺宏一 コメント

今回の物語のキーとなる会社「ドラコ・ケミカル」のマンストール部長を演じています。ベムにそっくりな男ベルムの上司で、一見さえない感じの人物ですが、とてもやりがいがありました。「妖怪人間ベム」は小学生の頃、怖がりながらも夢中で観ていたので、今回参加出来て本当に嬉しかったです! 独特の世界観のこの作品を是非劇場でご覧下さい!

水樹奈々 コメント

歴史ある作品のスペシャルな劇場版に携わらせていただけたこと、本当に光栄です! 私が演じさせていただいたエマは、ベムに瓜二つの人間ベルムの妻で、毎日心からの愛情を彼に注いでいます。物語が展開するにつれ、様々な変化が彼女に訪れるのですが……それはぜひ本編で見届けていただければと思います!
シリアスな内容に反して、アフレコ現場は終始和やかなムードで……今回声優初挑戦される宮田さんも参加してのガヤ録りは、とても貴重な時間でした! みなさんぜひぜひ公開を楽しみにしていてくださいね!

高木渉 コメント

「私たちは薬の製造販売をしているだけではなく、世界を救済する力があります!」皆さんの生活に安心とゆとりをもたらす製薬会社ドラコ・ケミカル社の社長ドラコを演じました高木渉です。我が社の社員は全て有能な者ばかりです。どんな会社かは、映画を観ていただければ分かるでしょう。そして、劇場ならではの迫力を肌で感じながらドラマを存分に楽しんでいただけたらと思います。私はリハーサルしながら泣いてしまいました…… 。

伊藤静 コメント

ドラコさまの秘書として、日々クールにドラコさまのサポートをしております。スタイリッシュに生まれ変わったBEM。どんなお話が繰り広げられていくのか、ご自身の目で確かめていただけると嬉しいです。

この記事の画像・動画(全3件)

関連記事

山寺宏一のほかの記事

リンク

関連商品

(c)ADK EM/劇場版BEM製作委員会

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 劇場版 BEM ~BECOME HUMAN~ / 山寺宏一 / 水樹奈々 / 高木渉 / 博史池畠 / 伊藤静 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。