横浜流星、新型コロナウイルスの治療終え本日退院

1359

新型コロナウイルスに感染していた横浜流星が、治療を終えて本日7月30日に退院した。

横浜流星

横浜流星

大きなサイズで見る

7月20日に主演舞台「巌流島」の稽古に参加し、同日夜に発熱して医療機関を受診したところ陽性であった横浜。入院中は高熱が数日間続いていたというが、現在は平熱に戻り体調も回復しているという。

横浜はInstagram公式アカウントの投稿で「自宅と仕事場の往復以外、外出は本当にしておらず、感染対策も徹底していたので、陽性の結果が出た時、頭が真っ白になりました。ドラマの撮影と、舞台の稽古に全力を尽くし、ずっと作品のこと考えていたので、悔しいです」と当時の心境を明かす。また「なにより仕事関係者、共演者の皆様に、大きな迷惑をかけてしまったことに責任を感じ、悲しみや怒りや不安に飲み込まれそうにもなりましたが、家族、マネージャー、仕事関係者、友人、応援してくださる方々の温かい言葉に何度も救われました。ありがとうございます」とコメントした。

なお「巌流島」は全公演が中止に。吉高由里子とのダブル主演作「きみの瞳(め)が問いかけている」は10月23日に公開される。

関連記事

横浜流星のほかの記事

リンク