令和第2弾は「仮面ライダーセイバー」!10人以上のライダー登場、主演は内藤秀一郎

346

令和仮面ライダー第2弾のタイトルが「仮面ライダーセイバー」であるとわかった。主演は内藤秀一郎が務める。

「仮面ライダーセイバー」ロゴ

「仮面ライダーセイバー」ロゴ

大きなサイズで見る(全7件)

仮面ライダーセイバー

仮面ライダーセイバー[拡大]

これは、本日7月29日に生配信された制作発表会見で明らかになったもの。“聖なる刃”を示す造語を冠した「仮面ライダーセイバー」は、剣と本をモチーフとしたファンタジー活劇。仮面ライダーの力を手に入れた小説家が、聖剣ソードライバーとワンダーライドブックと呼ばれる本によって変身を果たし、本を巡る戦いに巻き込まれていく。年間を通じて10人以上の仮面ライダーが登場し、個性豊かなソードアクションが繰り広げられる。プロデューサーは「仮面ライダーゴースト」の高橋一浩。メイン監督は「宇宙戦隊キュウレンジャー」の柴崎貴行が務め、「仮面ライダーゴースト」の福田卓郎がメインライターを担当する。

内藤秀一郎

内藤秀一郎[拡大]

主人公である仮面ライダーセイバー / 神山飛羽真(かみやまとうま)役の内藤は、埼玉県出身の24歳。これまで「午前0時、キスしに来てよ」やドラマ「星屑リベンジャーズ」に出演してきた。会見で内藤は「飛羽真は誰よりも約束を大事にする男です。劇中でもたくさんの人と約束を交わすのですが、それを守ることができるのか、守れない約束があるのか、そういった点にも注目していただきたいです」と述べた。

左から岡宏明、富樫慧士、川津明日香、内藤秀一郎、山口貴也、青木瞭、知念里奈。

左から岡宏明、富樫慧士、川津明日香、内藤秀一郎、山口貴也、青木瞭、知念里奈。[拡大]

2号ライダーである仮面ライダーブレイズ / 新堂倫太郎(しんどうりんたろう)役は、23歳の山口貴也が務める。同役について山口は「組織に揉まれて戦術や剣術に長けていますが、私生活については本でしか読んだことがないという設定です。飛羽真たちとの掛け合いを1年間観てほしい」とコメント。そして飛羽真を担当する新人編集者であるヒロイン・須藤芽依(すどうめい)を演じるのは、「兄に愛されすぎて困ってます」などに出演した20歳の川津明日香。役作りについて川津は「(スタッフに)芽依のキャラクターはフワちゃんみたいな感じだと言われました。YouTubeでフワちゃんの番組を観たり、テレビに出ていたら欠かさず拝見しています」と話した。

令和仮面ライダー第2弾制作発表会見の様子。

令和仮面ライダー第2弾制作発表会見の様子。[拡大]

飛羽真の幼なじみである雷の戦士・仮面ライダーエスパーダ / 富加宮賢人(ふかみやけんと)役を務める24歳の青木瞭劇団4ドル50セント)は「(コロナ禍の)この状況下でもこれだけできるんだって、小さな子供でも考えられるよう、希望を与えられる作品にしたい」と意気込む。仮面ライダー剣斬 / 緋道蓮(あかみちれん)役の富樫慧士は、チーム最年少の19歳。初めての映像作品への出演にあたり「ドキドキとワクワクが入り混じっています。今までテレビでかっこいいヒーローを観ていた側ですが、今は勇気と希望を与える側になったんだなと」と感慨を口にした。

そしてソードオブロゴスという組織で武器やベルトを整備する男・大秦寺哲雄(だいしんじてつお)役は、22歳の岡宏明が担当する。「飄々としていてつかみどころがないが、武器に対する愛情は誰にも負けない人物です」と役を説明した岡は、中学生の頃に観ていた「仮面ライダーオーズ / OOO」の大ファンだそうで「ストーリーのテーマが欲望。子供は単純に楽しめるし、大人は考えさせられる、平成ライダーにはそんな魅力があると思います」と熱弁した。またソードオブロゴスに仕える本の守護者ソフィア役は、知念里奈が務める。知念は「次男が2歳で仮面ライダーに目覚め始めているので、母親としての株を上げられるなと思いました」と笑顔で話した。

会場には、スタッフの柴崎と福田も登壇。「ゴースト」以来のメインライターを務める福田は「ライダーが何人も出てきますし、主人公が仲間たちとどういうふうに絆を結んでいくのかを観てほしい」とコメントする。仮面ライダーシリーズでは初のメイン監督を担当する柴崎は「コロナ禍で現場は一変しましたが、注意しながらも今まで通りのクオリティでお芝居やアクションを作れるような環境を整えています。そういった思いは今まで以上に高まっている」と話した。

仮面ライダーセイバー(中央)と東京スカパラダイスオーケストラ。

仮面ライダーセイバー(中央)と東京スカパラダイスオーケストラ。[拡大]

そして会見にて、本作の主題歌を東京スカパラダイスオーケストラが担当することも明らかに。作詞を谷中敦、作曲を川上つよしが担当している。また主題歌にはゲストボーカルが参加しており、詳細は後日発表されるという。そして本番組では、2005年の「仮面ライダー響鬼」以来となるエンディグテーマが用意された。「仮面ライダーセイバー」というタイトルのエンディング曲は、作詞を谷中敦、作曲を加藤隆志、歌を茂木欣一が担当。会見では茂木が初代「仮面ライダー」のレコードを持参したほか、エンディング曲を試聴した山口が感極まって「大ファンで……」と涙する場面もあった。

会見内で内藤は、「物語の結末は俺が決める!」という決めゼリフとともに変身ポーズを披露。そして最後に「こんなに多くの仮面ライダーが登場する作品は久しぶりなので、それぞれがどんな役割を持っているのかにも注目しながら、楽しんで観てください。このキャスト・スタッフで、皆さんから愛されるような作品にしますので、1年間応援よろしくお願いいたします」とメッセージを送った。

「仮面ライダーセイバー」は9月6日9時から、テレビ朝日系で放送スタート。TELASAではスピンオフの独占配信も決定している。

なお、高橋文哉が主演する令和仮面ライダー第1弾「仮面ライダーゼロワン」は、テレビ朝日系で毎週日曜9時より放送中。「劇場版 仮面ライダーゼロワン(仮題)」「魔進戦隊キラメイジャー THE MOVIE(仮題)」の公開は延期となっている。

※柴崎貴行の崎は立つ崎が正式表記
※記事初出時より、写真を5点追加しました。

この記事の画像・動画(全7件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

内藤秀一郎のほかの記事

リンク