2022年に開業目指すジブリパーク、宮崎吾朗らが起工式で無事の完成を祈る

229

ジブリパークの起工式が、本日7月28日に愛知の愛・地球博記念公園大芝生広場で開催された。

ジブリパーク起工式の様子。

ジブリパーク起工式の様子。

大きなサイズで見る(全25件)

ジブリパークは、スタジオジブリと県が協力して公園の敷地内にスタジオジブリ作品の世界観を再現する施設。2022年秋に来場者を迎えるメインゲートの「青春の丘エリア」、スタジオジブリの展示物を収蔵する「ジブリの大倉庫」、「となりのトトロ」の世界観をイメージした「どんどこ森エリア」の開業を目指しており、そのおよそ1年後には「もののけの里エリア」「魔女の谷エリア」のオープンも予定されている。

大村秀章

大村秀章[拡大]

中島清文

中島清文[拡大]

ジブリパークを整備する愛知県知事・大村秀章は「ジブリパークが将来の長きにわたって愛され、未来永劫、引き継がれる公園となり、皆様に笑顔あふれる日々をお届けすることを待ち望んでいる」と挨拶し、「訪れた人全員がジブリの作品や世界観に触れ、笑顔いっぱいになるよう心から祈念し、このプロジェクトで日本をしっかり盛り上げたい」と意気込みを語る。企画監修を担当するスタジオジブリの代表取締役社長・中島清文は「これまでの図面の話と違って、実際に物として、形として作っていく過程になる。この工事が無事故で、最後まで無事に進行することを最後に心より祈念する」とコメントした。

起工式では、無事の完成を祈願して「ゲド戦記」「コクリコ坂から」の監督として知られる宮崎吾朗を筆頭に、愛知県やスタジオジブリ、施工者、運営会社などの代表者10名が鍬入れを行った。

この記事の画像(全25件)

関連記事

宮崎吾朗のほかの記事

リンク

関連商品