エンニオ・モリコーネを追悼、音楽担当した「夕陽のガンマン」BSテレ東で放送

173

エンニオ・モリコーネが音楽を担当した「夕陽のガンマン」が、BSテレ東で7月15日に放送される。

「夕陽のガンマン」

「夕陽のガンマン」

大きなサイズで見る(全2件)

「夕陽のガンマン」

「夕陽のガンマン」[拡大]

イタリア現地時間7月6日に91歳で死去したモリコーネをしのび、オンエアされる本作。何もかも正反対な2人の凄腕賞金稼ぎが、同じ賞金首を巡って衝突するさまが描かれる。クリント・イーストウッドが“モンコ(片腕)”と呼ばれるせっかちなガンマンに扮し、リー・ヴァン・クリーフが冷静沈着に仕事に取り組む初老の紳士を演じた。そのほかジャン・マリア・ヴォロンテクラウス・キンスキーらが出演。監督は「荒野の用心棒」などのマカロニウエスタン作品で知られるセルジオ・レオーネが務めた。

水曜映画館<追悼エンニオ・モリコーネ>「夕陽のガンマン」

BSテレ東、BSテレ東4K 2020年7月15日(水)17:58~19:55

久保一郎(テレビ東京プロデューサー)コメント

マカロニウエスタンはある世代には深く刺さったジャンルで、BSの視聴者にも一定の人気を獲得し続けていますが、「荒野の用心棒」「夕陽のガンマン」「続・夕陽のガンマン/地獄の決斗」の三部作は、まさに別格。セルジオ・レオーネ監督、クリント・イーストウッド主演、エンニオ・モリコーネ音楽の黄金トリオが揃ってこそ得られた高みですが、最も欠かせないのはモリコーネのスコアでしょう。映画の好みは人それぞれでも、モリコーネの音楽を聴いた人は、確実に胸の奥に何かを共有したはず。
「ニュー・シネマ・パラダイス」ほかジュゼッペ・トルナトーレ監督作品を彩った流麗なメロディ、否が応にもサスペンスを盛り上げた「アンタッチャブル」のメインテーマも忘れ難いですが、マエストロを偲ぶにはまずあの“口笛”を。「荒野の用心棒」に続いて大ヒットした「夕陽のガンマン」のテーマ曲を、今一度心に刻んでください。

この記事の画像(全2件)

関連記事

エンニオ・モリコーネのほかの記事

リンク

関連商品

FOR A FEW DOLLARS MORE (c) 1965 ALBERTO GRIMALDI PRODUCTIONS S.A.. All Rights Reserved