木村多江と桜田ひよりが唐沢寿明の家族に、ドラマ「24 JAPAN」追加キャスト発表

278

唐沢寿明が主演を務める連続ドラマ「24 JAPAN」の追加キャストが明らかに。木村多江桜田ひよりらが参加する。

「24 JAPAN」より、左から桜田ひより演じる獅堂美有、唐沢寿明演じる獅堂現馬、木村多江演じる獅堂六花。

「24 JAPAN」より、左から桜田ひより演じる獅堂美有、唐沢寿明演じる獅堂現馬、木村多江演じる獅堂六花。

大きなサイズで見る(全11件)

唐沢寿明演じる獅堂現馬。

唐沢寿明演じる獅堂現馬。[拡大]

海外ドラマ「24 -TWENTY FOUR-」の日本版である本作は、オリジナル版のシーズン1をベースに、“日本初の女性総理”の誕生が期待される選挙当日の24時間を、全24話にわたって描く物語。唐沢がCTU(テロ対策ユニット)第1支部A班の班長・獅堂現馬(しどうげんば)、仲間由紀恵が日本初の女性総理大臣になるのではと言われている朝倉麗(あさくらうらら)に扮する。長坂秀佳が脚本を手がけ、鈴木浩介、木内健人、日暮謙、大塚徹が監督を担当した。

筒井道隆(撮影:伊東ひさし)

筒井道隆(撮影:伊東ひさし)[拡大]

今井悠貴

今井悠貴[拡大]

森マリア(撮影:草刈雅之)

森マリア(撮影:草刈雅之)[拡大]

今回発表されたのは、獅堂と麗それぞれの家族を演じるキャストたち。ある理由から一時期獅堂と別居していた妻・六花に木村、六花と折り合いが悪い娘・美有に桜田が扮した。また、麗を公私ともにサポートする夫・遥平役で筒井道隆、麗と遥平の子供である夕太と日奈を、それぞれ今井悠貴と森マリアが演じる。

「24 JAPAN」

「24 JAPAN」[拡大]

木村は「唐沢寿明さんは、過去に何度も共演させていただき、信頼関係の持てる役者さん。今回はそんな唐沢さんの妻役ということで、とても心強く感じました」と述べ、「今回はゆくゆく、アクションシーンもあります。実は、自分が結構アクション好きだということに気づきまして…。今もしっかりとトレーニングして、『いつでもオリジナル版より激しくアクションができるぞ!』という気持ちで頑張っておりますので、“どんと来い!”です(笑)」と自信をうかがわせる。桜田は「撮影に入ってからは、美有に相当するオリジナル版のキムちゃんの動きや表情を見ながら、研究したりしています。ただ、今回はリメイク版なので、日本でしか出せないような雰囲気もちゃんと出せたらいいなって思っています!」と意気込んだ。

木村について、唐沢は「ご縁があって、何度も共演しているんです。なので、気心も知れていますし、演技も人柄も信頼できる方」と絆の強さをうかがわせる。また、ドラマ「あまんじゃく 元外科医の殺し屋が医療の闇に挑む!」で共演した桜田に関しては「客観的に見ていて、若いのにお芝居がしっかりしていて、すごく安心だな、と思いました」と称賛し、「『24 JAPAN』はオリジナル版を見ている人が多い作品なので、しっかりと演技のできる方々に囲まれて作っていけたらいいな、と思っていました。そういう点でも、安心して撮影に挑むことができますね」と共演者たちについて太鼓判を押した。

「24 JAPAN」は10月からオンエア。ABEMAやTELASAと連携した多角的なプロジェクトを予定している。

テレビ朝日開局60周年記念 連続ドラマ「24 JAPAN」

テレビ朝日系 2020年10月スタート
※全24話

唐沢寿明 コメント

木村多江さんとはご縁があって、何度も共演しているんです。なので、気心も知れていますし、演技も人柄も信頼できる方です。ひよりちゃんとは以前一度だけ共演しましたが、セリフのやり取りはなかったと思います。でも客観的に見ていて、若いのにお芝居がしっかりしていて、すごく安心だな、と思いました。実を言うと、「24 JAPAN」はオリジナル版を見ている人が多い作品なので、しっかりと演技のできる方々に囲まれて作っていけたらいいな、と思っていました。そういう点でも、安心して撮影に挑むことができますね。

木村多江 コメント

オリジナル版「24」を初めて見たときに「うわっ、次が見たくて仕方がない!」と思い、寝不足状態で夢中になった記憶があります。唐沢寿明さんは、過去に何度も共演させていただき、信頼関係の持てる役者さん。今回はそんな唐沢さんの妻役ということで、とても心強く感じました。と同時に正直なところ、最初は「もっと若い方が演じた方がいいんじゃないだろうか…」と思い、お引き受けしていいものか悩んだんです。そんな中、「私でいいのであれば、私にしかできない何かを表現できたらいいな」と考え、チャレンジしようと思いました。また、外出自粛期間を経て撮影が再開するにあたり、“家族や誰かを守ろうとして行動する”という“人として大切なこと”も、このドラマで皆さんと共感し合えるんじゃないかな、と。六花を通して母の強さ、家族を守ろうという気持ちを表現できればいいな、と思いました。
一方で、六花には何を考えているか分からない部分もありますので、そこも含めてしっかりと演じさせていただきたいと思います。回を追うごとに何が起こるのか、はたしてオリジナル版と同じ結末になるのかどうかも分からないですし、そういった謎解きもぜひ楽しみにしていただきたいです。
ちなみに、今回はゆくゆく、アクションシーンもあります。実は、自分が結構アクション好きだということに気づきまして…。今もしっかりとトレーニングして、「いつでもオリジナル版より激しくアクションができるぞ!」という気持ちで頑張っておりますので、“どんと来い!”です(笑)。
まだまだ社会は大変な状況に置かれていますが、私たちは「このドラマを皆さんに届けたい」という思いで一生懸命臨んでおります。ハラハラドキドキできる作品ですので、ぜひ楽しみにしていてください。

桜田ひより コメント

出演が決まったときに、もともと「24」の大ファンだった両親が「日本版に自分の娘が出るなんて信じられない!」と、すごく喜んでくれて…! そんなにも素晴らしい作品に出演させてもらうんだなと、身が引き締まりました。実は、私は2002年生まれで、「24」といえば、テレビでお笑い芸人の方がよくモノマネをされていたことしか記憶になくて…。なので、オリジナル版を見始めたのは、出演が決まってからでした。撮影に入ってからは、美有に相当するオリジナル版のキムちゃんの動きや表情を見ながら、研究したりしています。ただ、今回はリメイク版なので、日本でしか出せないような雰囲気もちゃんと出せたらいいなって思っています!
お父さん役の唐沢寿明さんは、以前共演したときも、いろいろアドバイスをくださいました。今回は最初の1シーンを撮った後、外出自粛期間で撮影が中断したので、ちょっと時間はあいたんですけど、また一緒にお芝居をさせていただけるのが、すごく楽しみです。お母さん役の木村多江さんとも以前共演させていただいたことがありますし、すごく安心できる環境です!
私たち撮影している側も毎日、本当にハラハラドキドキしながら撮影しています。皆さんにもぜひ見ていただけたら、うれしいです!

この記事の画像(全11件)

関連記事

唐沢寿明のほかの記事

リンク

関連商品

(c)2020 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 唐沢寿明 / 木村多江 / 桜田ひより / 筒井道隆 / 今井悠貴 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。