テヘランに住む母娘映した日本・イラン合作映画公開、永瀬正敏と小林綾子も出演

85

「孤独な惑星」の筒井武文が手がけた日本・イラン合作映画「ホテルニュームーン」が、9月18日より東京・UPLINK吉祥寺ほか全国で順次公開される。

「ホテルニュームーン」ポスタービジュアル

「ホテルニュームーン」ポスタービジュアル

大きなサイズで見る(全3件)

「ホテルニュームーン」

「ホテルニュームーン」[拡大]

イランの首都テヘランを舞台にした本作では、スリルとサスペンスに満ちた母娘の愛の物語を紡ぐ。生まれる前に父を亡くした大学生のモナは、教師をしている母ヌシンがホテルで見知らぬ日本人男性と会う場面を目撃。自身の出生にまつわる母の話に疑念を抱くようになる。母娘の間に生まれた小さなほころびは、徐々に大きな亀裂へと発展していく。

「ホテルニュームーン」

「ホテルニュームーン」[拡大]

娘に対して過保護なヌシン役で、イランの国民的女優マーナズ・アフシャルが出演。モナ役には、新人ラレ・マルズバンが抜擢された。またヌシンの秘められた過去の扉を開く日本人・田中役で永瀬正敏、その妻役で小林綾子がキャスティングされている。アリ・シャドマン、ナシム・アダビ、マルヤム・ブーバニも共演に名を連ねた。

脚本は川崎純と、日本での滞在経験を持つイランの脚本家ナグメ・サミニが共同で執筆。イランの生活文化、日本とイランの歴史的関係を取り入れた物語が書き上げられた。「アウトレイジ」シリーズをはじめ、北野武の監督作に数多く参加してきた柳島克己が撮影監督を務めている。

この記事の画像(全3件)

関連記事

筒井武文のほかの記事

リンク

関連商品

(c)Small Talk Inc.