Disney+最新PR映像、「トーゴー」ウィレム・デフォーが語る「犬好きになった」

97

Disney+の最新プロモーション映像がYouTubeで公開され、オリジナル作品の新素材も到着した。

「トーゴー」ビジュアル (c)2020 Disney

「トーゴー」ビジュアル (c)2020 Disney

大きなサイズで見る(全28件)

Disney+は、6月11日に国内ローンチされる定額動画配信サービス。「加速編」と銘打たれた最新プロモーション映像は、「スター・ウォーズ」のハン・ソロによる「発進!」という合図でスタートする。そしてスティッチ、バズ・ライトイヤー、アイアンマン、シンプソンズなどディズニー作品のキャラクターたちが映し出される。

「トーゴー」 (c)2020 Disney

「トーゴー」 (c)2020 Disney[拡大]

同時に、オリジナル長編作品「トーゴー」で主演を務めるウィレム・デフォーのインタビュー映像も、YouTubeで公開された。「トーゴー」は1925年のアラスカで起きた実話をもとに、血清を運ぶために奮闘した1人の男と、犬ぞりのリーダー犬・トーゴーを描くアドベンチャー作品。デフォーは本作のポイントを「究極的には“人間は何に命を捧げ何を信じるか”を描いている」と語り、犬たちとの共演を回想し「飼ったことがないので犬に詳しくなかったが、撮影中あまりにかわいくて犬好きになった」とはにかむ。また、ほぼスタントなしで撮影したという犬ぞりシーンについても語っている。

「フォーキーのコレって何?」 (c)2020 Disney/Pixar

「フォーキーのコレって何?」 (c)2020 Disney/Pixar[拡大]

「ボー・ピープはどこに?」 (c)2020 Disney/Pixar

「ボー・ピープはどこに?」 (c)2020 Disney/Pixar[拡大]

さらに今回、「トイ・ストーリー」シリーズの最新作であるオリジナル短編アニメ「フォーキーのコレって何?」と「ボー・ピープはどこに?」の場面カット19枚が一挙に到着した。「トイ・ストーリー4」で初登場した先割れスプーンの手作りおもちゃ“フォーキー”が、レックスやハムといった仲間たちと写る姿が確認できる。また「トイ・ストーリー4」でシリーズに19年ぶりに帰還したボー・ピープの空白の時間を描く「ボー・ピープはどこに?」のカットには、羊のトリオであるビリー、ゴート、グラフの登場シーンも切り取られた。

「トーゴー」や「フォーキーのコレって何?」「ボー・ピープはどこに?」は、6月11日からDisney+で配信。

この記事の画像・動画(全28件)

関連記事

ウィレム・デフォーのほかの記事

リンク

(c)2020 Disney and its related entities