町山智浩が「ヘレディタリー」など“本当に怖い映画”9本を解説する書籍発売

156

書籍「町山智浩のシネマトーク 怖い映画」が、明日6月9日に発売される。

「町山智浩のシネマトーク 怖い映画」書影

「町山智浩のシネマトーク 怖い映画」書影

大きなサイズで見る(全2件)

町山智浩のシネマトーク 怖い映画

町山智浩「町山智浩のシネマトーク 怖い映画」
Amazon.co.jp

本書では映画評論家の町山智浩が、自ら選出した“本当に怖い映画”9本を解説。ジョージ・A・ロメロのデビュー作「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」や、アリ・アスターの長編映画デビュー作「ヘレディタリー/継承」、悪魔のような伝導師を描くカルト作「狩人の夜」などがラインナップ並んだ。

「町山智浩のシネマトーク 怖い映画」オフィシャルTシャツ

「町山智浩のシネマトーク 怖い映画」オフィシャルTシャツ[拡大]

なお、販売元であるスモール出版の公式サイトでは「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」の試し読みページを掲載中。また町山の似顔絵がデザインされたTシャツ、キーホルダー、ステッカーがオンラインストアで販売されているほか、本書の発売を記念したTシャツのプレゼント企画も準備中だ。詳しくはスモール出版の公式Twitterで確認しよう。

町山智浩のシネマトーク 怖い映画

スモール出版 2020年6月9日(火)発売
価格:税込1540円
<解説作品>
「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」
カリガリ博士
アメリカン・サイコ
「ヘレディタリー/継承」
ポゼッション
テナント 恐怖を借りた男
血を吸うカメラ
たたり
「狩人の夜」

この記事の画像(全2件)

関連記事

町山智浩のほかの記事

リンク

関連商品