ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド ゾンビの誕生

ナイトオブザリビングデッドゾンビノタンジョウ

上映時間:96分 / 製作:1968年(米)

解説 「ゾンビ」「死霊のえじき」と続く、哲学的な味わいを持つスプラッタ・ホラー“リビング・デッド“3部作の第1作で、G・A・ロメロ監督の輝かしきデビュー作。孤立した一軒家に立てこもる人々。外から忍び寄るゾンビの群れ……。これだけの設定で、映画はただならぬ緊張感をみなぎらせて疾走する。人肉喰い、スローな動作、脳を破壊しなければ倒せない、そして襲われた者は伝染するという、モダン・ゾンビの定義はこの作品で確立し、モダン・ホラーはこの一作に始まったといってもいい。N.Y.のミッドナイト・シアターでウケまくったカルト・ムービーである。以前、カラー着色版ビデオも発売された。2001年、新撮・再編集により15分以上のシーンを加え、デジタル修復を施した「ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド(最終版)」が公開された。

情報提供:ぴあ

スタッフ

監督:ジョージ・A・ロメロ

キャスト

ハリー・クーパー:カール・ハードマン
ラッセル・ストレイナー
ジュディス・オデア
ベン:デュアン・ジョーンズ
トム:キース・ウェイン
ジュディ:ジュディス・リドリー
ヘレン・クーパー:マリリン・イーストマン
ビル・ハインツマン
カレン・クーパー:カイラ・ショーン
チャールズ・クレイグ