宮沢氷魚や福地桃子が参加する感動シネマアワードのグランプリ6作品決定

81

芸能事務所レプロエンタテインメントが“映画をつくりたい人”を募集する新プロジェクト「感動シネマアワード」のグランプリ6作品が発表された。

上段左から宮沢氷魚、葛里華、福地桃子、井樫彩。中段左からうらじぬの、ふくだももこ、堀家一希、飯塚花笑。下段左から植田雅、木村聡志、山崎果倫、都楳勝。

上段左から宮沢氷魚、葛里華、福地桃子、井樫彩。中段左からうらじぬの、ふくだももこ、堀家一希、飯塚花笑。下段左から植田雅、木村聡志、山崎果倫、都楳勝。

大きなサイズで見る(全3件)

「感動シネマアワード」メインビジュアル

「感動シネマアワード」メインビジュアル[拡大]

感動シネマアワードでは、レプロに所属する宮沢氷魚福地桃子うらじぬの堀家一希、植田雅、山崎果倫から1名を主演に迎える企画と、応募者が自ら主演を務める作品の企画を募集していた。このたび発表されたのは「新進気鋭の俳優を主演にした映画の企画・プロデュース」部門の受賞作だ。

宮沢氷魚、葛里華、福地桃子、井樫彩、うらじぬの、ふくだももこ、堀家一希、飯塚花笑、植田雅、木村聡志、山崎果倫、都楳勝の直筆コメント。

宮沢氷魚、葛里華、福地桃子、井樫彩、うらじぬの、ふくだももこ、堀家一希、飯塚花笑、植田雅、木村聡志、山崎果倫、都楳勝の直筆コメント。[拡大]

宮沢が主演を務める「はざまに生きる、春(仮題)」は、現在出版社でマンガ編集者として働く葛里華が脚本を書き上げた作品。宮沢演じる、発達障害を持つイラストレーターの透と、出版社に勤務する春の恋模様が描かれる。宮沢は「この度、僕が出演する作品が『はざまに生きる、春』に決定しました。初めて脚本を読んだ時から引き込まれ、作品を手がけた葛里華さんともお話をして、彼女の熱量に感激しました。共にすばらしい作品を生み出したいと思います』と意気込んでいる。

福地が熱海で小さな旅館を営む主人公・奈々を演じる「あの娘は知らない(仮題)」は、「真っ赤な星」の井樫彩の企画だ。奈々と東京から来た俊太郎という大切な人を失ったもの同士が、遅れてきた夏休みを過ごすさまをつづる。そして、うらじを主演に迎える「炎上する君」は、西加奈子の同名小説をもとにする作品。「おいしい家族」のふくだももこが実写化することが決まった。

堀家の主演作「世界は僕らに気づかない(仮題)」は、「僕らの未来」の飯塚花笑が作り上げた企画。とある地方都市に住むゲイの高校3年生、純悟と優助が、それぞれ本当の愛を見つけることができるのかを描き出す。植田が芸大の舞踏科に通う大学生ゆっこを演じる「階段の先には踊り場がある(仮題)」は、「恋愛依存症の女」の木村聡志による作品。ゆっこと、彼女と同じ大学の演劇科に通う元恋人・高橋の物語を映し出す。

また、山崎が主演を務める「夢の中」は、MOOSIC LAB 2019短編部門のグランプリに輝いた「蝸牛」の都楳勝が企画を手がけた。借金に苦しむ映画監督志望のショウ、仕事が順調な彼女のアヤ、ショウと体の関係を持ってしまったタエコという3人の人間関係をつづる。

同プロジェクトのプロデューサー、菊地陽介は「新型コロナウイルスが猛威を振るい、私たちの生活は脅かされています。とりわけエンタテインメントは自粛を強く求められ、補償はないままに不安だけが増大していきます」と述べ、「これから生まれてくる素晴らしい作品たちが観客の皆様に届き、一人一人の心を揺さぶるような“感動”が広がっていく...そんな幸福な未来を想像しながら感動シネマアワードは前に進みたいと思います」とコメントした。

※山崎果倫の崎はたつさきが正式表記

福地桃子 コメント

今回参加する中で、心が動く感覚をとにかくたくさん感じたいと思いました。未知な部分への楽しみと不安と向き合いながら、良い作品になるように全力を尽したいと思っています。沢山の方に届く、残る映画を観て欲しいです…!

うらじぬの コメント

感動というものはだいたい突然やって来るような気がします。ふと耳にした音楽、目にした景色、受け取った言葉。この企画から生まれた作品達が、誰かにとって生活の中でふと出会った感動のひとつになれますようにとひっそり願いながら挑ませて頂きます。ふくだももこ監督、不束者ですがどうぞよろしくお願い致します!!!

堀家一希 コメント

沢山のご応募頂きありがとうございました。今回、飯塚花笑監督の「世界は僕らに気づかない」という映画に出演させていただきます。初めて挑む役です。全力で演じていきたいと思います。よろしくお願いします。

植田雅 コメント

このような機会を頂き嬉しい気持ちと同時に少し不安な気持ちもありますが、とても楽しみです。この作品を見て下さった、一人でも多くの方の心を動かせられるよう精一杯頑張りたいと思います。

山崎果倫 コメント

映画には、人の人生を変える力がある。私はずっとそう信じています。そして映画は、時には自分を認めてくれて、時には叱ってくれて、言葉にできない気持ちを代弁してくれたり、自分の本当の気持ちを教えてくれたりする。そんな力がある芸術だと思っています。だから今回のこの“感動シネマアワード”では、沢山の人の心を揺らしたい。「感動」で衝撃を与えたい。自分の可能性と、映画がもつ力に、全力で賭けてみたいと意気込んでいます。

菊地陽介(企画プロデューサー)コメント

まず始めに。予想を超えるたくさんのご応募をいただきました。本当にありがとうございます。
1つ1つの脚本を読んでいて、世界にはこんなにも豊かな“物語”が溢れていて、今もなお生まれ続けていることを改めて実感しました。
人は“物語”を求め、“物語”を追体験していく中で“感動”が湧き上がってきます。
選考過程の中で、そんな瞬間に数多く出会えたことを何より嬉しく思います。

最終的に6つの作品を選ぶことになりましたが、その過程で何度も悩みました。
それでも今は、この6つの企画と脚本が素晴らしい映画になると信じています。
今はまだテキストの“物語”が、どんな風に映像化されていくのかが今から楽しみです。

また、新型コロナウイルスが猛威を振るい、私たちの生活は脅かされています。
とりわけエンタテインメントは自粛を強く求められ、補償はないままに不安だけが増大していきます。

映画業界も例に漏れず、多くの撮影がストップし、これから先の撮影も模索が続いている状態です。
映画ファンは映画を映画館で観る機会を失い、
ミニシアターは経営を続けることが難しい状況にあり、
映画製作者たちは映画を撮ることはもちろん、経済的にも厳しい現状です。

私たちは芸能プロダクションという立場から、人の才能をプロデュースする仕事をしています。
世界には本当にたくさんの若き才能が溢れていて、そんな才能に触れるたびにワクワクします。
コロナ禍は彼ら彼女らが活躍する未来すらも奪っていきかねません。それだけは死守したい。
映画業界の未来を切り拓いていくだろう彼ら彼女ら(監督やキャストに限らず映画に関わるすべての人)が挑戦できる場所をプロデュースし、その才能に賭けることが、私たちの仕事だと痛感しています。

これから生まれてくる素晴らしい作品たちが観客の皆様に届き、一人一人の心を揺さぶるような“感動”が広がっていく...そんな幸福な未来を想像しながら感動シネマアワードは前に進みたいと思います。

この記事の画像(全3件)

関連記事

宮沢氷魚のほかの記事

リンク

関連商品