森直人らWeb番組でミニシアターの現状語る、SAVE THE CINEMAの活動など紹介

63

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、経営の危機に瀕している全国のミニシアター。Web番組「活弁シネマ倶楽部」では、この現状を語る緊急特番が組まれた。

左から折田侑駿、森直人、徐昊辰。

左から折田侑駿、森直人、徐昊辰。

大きなサイズで見る(全9件)

「SAVE THE CINEMA」ロゴ(デザイン:COMPOUND inc.代表 小田雄太)

「SAVE THE CINEMA」ロゴ(デザイン:COMPOUND inc.代表 小田雄太)[拡大]

YouTubeで公開中の特番には、文筆家の折田侑駿、映画ジャーナリスト・徐昊辰、映画評論家・森直人が登場。番組では、署名活動を通じて政府への提言を進めるSAVE THE CINEMAによるプロジェクト「ミニシアターを救え!」や、深田晃司と濱口竜介が発起人の「ミニシアター・エイド基金」などを紹介している。

また、想田和弘の監督最新作「精神0」が、Webサイト“仮設の映画館”でデジタル配信されることや、それぞれのミニシアターでの思い出、“コロナショック”後の映画界の課題なども語られた。最後に森は「SAVE THE CINEMAをはじめ、どういった活動が展開されているのかを知ってほしい」と呼びかけている。

この記事の画像・動画(全9件)

関連記事

リンク