イーサン・ホーク演じる伝説の歌手から1通のメール、「15年後のラブソング」予告

124

「17歳の肖像」「ブルックリン」の脚本を手がけた小説家ニック・ホーンビィ原作の恋愛映画「15年後のラブソング」のポスタービジュアルが完成。予告編もYouTubeで公開された。

「15年後のラブソング」ポスタービジュアル

「15年後のラブソング」ポスタービジュアル

大きなサイズで見る(全5件)

「15年後のラブソング」

「15年後のラブソング」

“大人になりきれない”男女3人が、新しい人生に踏み出そうともがく姿を描いた本作。1990年代に表舞台から姿を消したロックシンガーのタッカー・クロウを巡り、不思議な三角関係が巻き起こる。惰性で過ごす毎日にモヤモヤする博物館勤めのアニー役で「ピーターラビット」のローズ・バーン、タッカー役で「真実」のイーサン・ホーク、アニーの恋人ダンカン役で「モリーズ・ゲーム」のクリス・オダウドが共演。1990年代に活躍したロックバンド、レモンヘッズのベーシストであるジェシー・ペレッツが監督を務めた。

「15年後のラブソング」

「15年後のラブソング」

予告編はタッカーを崇拝する恋人に苛立つアニーの姿から始まる。そんな彼女のもとに、ある日タッカー本人からメールが舞い込み、少しずつ日常が変化していく。劇中ではロックシンガー時代のタッカーの写真として昔のホークの写真が使われているほか、ザ・キンクスの楽曲「ウォータールー・サンセット」をホークが弾き語りするシーンもある。

「15年後のラブソング」は6月12日より東京・新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国で公開。

この記事の画像・動画(全5件)

関連記事

リンク

関連商品

(c)2018 LAMF JN, Ltd. All rights reserved.