チュ・ジフンから見たキム・ユンソクは“演技の怪物”、「暗数殺人」メイキング映像

143

暗数殺人」の殺人犯カン・テオ役、チュ・ジフンにフォーカスしたメイキング映像がYouTubeで公開された。

「暗数殺人」新場面写真

「暗数殺人」新場面写真

大きなサイズで見る(全10件)

「暗数殺人」新場面写真

「暗数殺人」新場面写真

本作は韓国で起きた事件をもとに、刑事と殺人犯の息詰まる攻防を描くサスペンス。刑事ヒョンミンにキム・ユンソク、彼を翻弄する殺人犯テオにチュ・ジフンが扮した。

「暗数殺人」

「暗数殺人」

チュ・ジフンは本作に出演するにあたり釜山の方言を習得。監督の要望に応えて頭を丸坊主にし、ノーメイクで撮影に挑んだ。サイコパスなテオのコロコロ変化する表情や歩き方、鼻をぴくつかせる癖まで表現している。

メイキング映像ではチュ・ジフンがキム・ユンソクを“演技の怪物”と評し、「彼に負けじと僕も奮起しました」と明かす。実在の事件がベースとなっていることもあり「この強烈なストーリーを偏りなく観客に伝えるためにかなり悩んだ」と振り返った。なお動画とあわせて眼鏡を掛けたテオ、革ジャン姿のテオの場面写真も解禁となった。

キム・テギュンがメガホンを取り、「友へ・チング」の脚本家クァク・キョンテクと脚本を執筆した「暗数殺人」は4月3日より東京・シネマート新宿ほか全国で公開。キム・ユンソクの初監督作「未成年」も5月29日に封切られる。

※「未成年」は、新型コロナウイルスによる感染症の拡大を受けて公開延期となりました。最新の情報は公式サイトをご確認ください。

この記事の画像・動画(全10件)

関連記事

リンク

関連商品

(c)2018 SHOWBOX AND FILM295 / BLOSSOM PICTURES ALL RIGHTS RESERVED.