映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

悩める役者必読、名キャスティングディレクターによるオーディション読本が発売

278

「俳優のためのオーディションハンドブック──ハリウッドの名キャスティング・ディレクターが教える『本番に強くなる』心構え」が3月26日に発売される。

「ウォーキング・デッド」「ブレイキング・バッド」「GOTHAM/ゴッサム」といった海外ドラマに携わり、作品を成功に導いてきたキャスティングディレクターのシャロン・ビアリーが執筆した本書。ハリウッド映画やブロードウェイミュージカルにも関わるビアリーが「オーディションでキャスティングディレクターが俳優に求めているものは?」など、悩める俳優からの28の質問に答える。

監修として「ラスト サムライ」「バベル」のキャスティングを担当した奈良橋陽子が参加。日本版限定の書き下ろし解説も執筆した。またドラマ「ブレイキング・バッド」主演のブライアン・クランストンによる前書きをはじめ、「ハンニバル」脚本のデヴィッド・マメット、ドラマ「ジェシカ・ジョーンズ」主演のクリステン・リッター、ドラマ「ウォーキング・デッド」出演のノーマン・リーダスらによるコメントを収録。オーディション用語集やチェックリストも掲載されている。

帯には「レディ・プレイヤー1」に出演して話題を集めた森崎ウィン、「攻殻機動隊」シリーズのバトー役などで知られる大塚明夫がコメントを寄せた。関連企画として2人のインタビュー記事が、フィルムアート社のWebマガジン・かみのたねに3月25日に掲載予定だ。

映画ナタリーをフォロー