世界は不思議で美しい、14歳の少女の日々を切り取った「はちどり」予告公開

152

1990年代の韓国を舞台に、14歳の少女ウニの揺れ動く思いを描く「はちどり」の予告編がYouTubeで公開された。

「はちどり」ポスタービジュアル

「はちどり」ポスタービジュアル

大きなサイズで見る(全10件)

「はちどり」

「はちどり」[拡大]

予告編はウニが通う漢文塾の教師である女性、ヨンジの「知っている人の中で、本心まで知ってるのは何人?」という問いかけから始まる。家にも学校に居場所がなく、孤独な思いを抱えて過ごしていたウニ。あるときノートに落書きをしていた彼女は、ヨンジが「私もマンガが好き」と話しかけてくれたことをきっかけに、自分の胸の内を少しずつ明かすようになる。「世界は不思議で美しい」と静かに語りかけるヨンジに対し、「先生、私の人生もいつか輝くでしょうか」とウニが尋ねて予告編は締めくくられる。

「はちどり」

「はちどり」[拡大]

ベルリン国際映画祭をはじめ、世界各国で50を超える賞を受賞している本作。パク・ジフキム・セビョクイ・スンヨンチョン・インギが出演し、監督のキム・ボラは本作で長編デビューを果たした。

「はちどり」は4月25日より東京・ユーロスペースほか全国で順次公開。

※「はちどり」は、新型コロナウイルスによる感染症の拡大を受けて公開延期となりました。最新の情報は公式サイトをご確認ください。

この記事の画像・動画(全10件)

関連記事

リンク

(c)2018 EPIPHANY FILMS. All Rights Reserved.