映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

90年代ソウルが舞台、14歳少女の揺れる思い描く「はちどり」公開決定

220

「はちどり」

「はちどり」

ベルリン国際映画祭をはじめ、世界各国で44の賞を獲得している韓国とアメリカの合作映画「House of Hummingbird(英題)」が、「はちどり」の邦題で4月下旬より東京のユーロスペースほか全国で順次公開される。

高度経済成長を迎えていた1994年のソウルを舞台に、14歳の少女ウニの揺れ動く思いと家族との関わりを描いた本作。自分に無関心な大人たちに囲まれ、孤独な思いを抱えていた彼女が、不思議な雰囲気を漂わせる女性教師ヨンジと出会い、心を開いていくさまが描かれる。

「目撃者」のパク・ジフがウニ、「ひと夏のファンタジア」のキム・セビュクがヨンジを演じた。また「うつせみ」のイ・スンヨンがウニの母、「クロッシング」のチョン・インギが厳格な父に扮している。

タイトルの由来は、世界でもっとも小さな鳥であり、その羽を1秒に80回も羽ばたかせ、蜜を求めて長く飛び続けるというハチドリ。本作で監督長編デビューを果たした38歳のキム・ボラは、自身の少女時代をベースにしながら、そんなはちどりをウニの姿に重ねて脚本を執筆した。

(c)2018 EPIPHANY FILMS. All Rights Reserved.

映画ナタリーをフォロー