ピクサー新作「ソウルフル・ワールド」今夏公開、監督はピート・ドクター

237

ディズニー&ピクサー最新作「Soul」が「ソウルフル・ワールド」の邦題で2020年夏に公開決定。ポスターと特報が解禁された。

「ソウルフル・ワールド」ポスタービジュアル

「ソウルフル・ワールド」ポスタービジュアル

大きなサイズで見る(全2件)

「カールじいさんの空飛ぶ家」「インサイド・ヘッド」のピート・ドクターケンプ・パワーズが共同で監督を務めた本作の主人公は、ジャズミュージシャンを夢見る音楽教師ジョー。彼は米ニューヨークで一番有名なジャズクラブで演奏するチャンスを手に入れるも、浮かれ気分で街を歩いている最中にマンホールへ落下してしまう。彼が目を覚ますと、そこは人間が生まれる前に性格や才能、個性や興味の対象を決める場所“魂<ソウル>の世界”だった。

YouTubeで公開された特報は「どんな人間だと思われたい?」という問いかけからスタート。その後、マンホールに落下し、青くかわいらしい姿になってしまったジョーの姿が映し出される。なおドクターは本作について「23年の歳月をかけて製作した」と話している。

※「ソウルフル・ワールド」は、新型コロナウイルスによる感染症の拡大を受けて公開延期となりました。最新の情報は公式サイトをご確認ください。

この記事の画像・動画(全2件)

関連記事

ピート・ドクターのほかの記事

リンク

関連商品

(c)2020 Disney/Pixar. All Rights Reserved.