柳下毅一郎が2019年の邦画をぶった斬る、宇多丸推薦「皆殺し映画通信」新刊発売

231

映画評論家の柳下毅一郎による書籍「あなたの知らない映画の世界 皆殺し映画通信 御意見無用」が、3月23日に発売される。

「あなたの知らない映画の世界 皆殺し映画通信 御意見無用」書影

「あなたの知らない映画の世界 皆殺し映画通信 御意見無用」書影

大きなサイズで見る

あなたの知らない映画の世界 皆殺し映画通信 御意見無用

柳下毅一郎「あなたの知らない映画の世界 皆殺し映画通信 御意見無用」
Amazon.co.jp

本書は柳下による日本映画レビューシリーズの第7弾。今回は「マチネの終わりに」「生理ちゃん」「君は月夜に光り輝く」「Diner ダイナー」「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」など2019年に公開された日本映画44本が取り上げられた。

帯には宇多丸(RHYMESTER)による推薦コメントを掲載。巻末に特別企画として、柳下と「映画秘宝」編集長の岩田和明、美術・映画評論家の滝本誠による鼎談も収められている。

あなたの知らない映画の世界 皆殺し映画通信 御意見無用

カンゼン 2020年3月23日(月)発売
価格:税込1870円
<収録作品>
「マチネの終わりに」
「生理ちゃん」
マスカレード・ホテル
男はつらいよ お帰り 寅さん
みとりし
人間失格 太宰治と3人の女たち
虚空門 GATE
「君は月夜に光り輝く」
「Diner ダイナー」
今日も嫌がらせ弁当
貞子
九月の恋と出会うまで
「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」
雪の華
葬式の名人
駅までの道をおしえて
センターライン」ほか

関連する特集・インタビュー

関連記事

リンク

関連商品