映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

「貴族降臨」大阪で白濱亜嵐が塩野瑛久をお姫様抱っこ、廣瀬智紀は“抱かれ方が下手”

1095

左から塩野瑛久、白濱亜嵐、廣瀬智紀。

左から塩野瑛久、白濱亜嵐、廣瀬智紀。

貴族降臨 -PRINCE OF LEGEND-」の公開記念イベントが、2月24日に大阪市内で開催され、キャストの白濱亜嵐廣瀬智紀塩野瑛久が登壇した。

「HiGW&LOW」のHI-AXが贈る「PRINCE OF LEGEND」プロジェクト。“伝説の王子”を巡る第1章、そして貴族“ドリー”の誕生を描くドラマ「貴族誕生 -PRINCE OF LEGEND-」に続き、この映画「貴族降臨 -PRINCE OF LEGEND-」では王子と貴族の戦いがつづられる。

貴族・ドリー役の白濱は、歓声を受けて「エレガントですね!」と述べ、「皆さんこんにちは、伝説の貴族です!」と挨拶。ミッシェル役の廣瀬は「今日は一緒に楽しみましょう!」と話し、王子側から貴族側へ寝返る久遠誠一郎役の塩野は「どうも皆さん、裏切り者です」と笑いを誘った。客席から「めっちゃ好きやねん!」という大阪弁を聞きたいとリクエストされると、白濱は振り向きざまに、塩野は舞台に腰掛けて、とそれぞれのアレンジで方言を披露した。

イベントでは、本編から選りすぐりのシーンを先行上映。独特な振りを付けた貴族の挨拶シーンが上映されると、白濱は「指導の先生厳しかったよね」と明かし、3人で挨拶を再現した。そしてドリーが誠一郎を“お姫様抱っこ”する出会いのシーンがスクリーンに映し出されると、塩野は「安定感がありました!」とコメント。ステージ上でも白濱が塩野をお姫様抱っこして歓声を起こす。また廣瀬もお姫様抱っこを体験するが、白濱から「廣瀬くんは抱かれ方が下手!」と言われてしまった。

客席からの質問コーナーでは、「ドリーのウインクができていなかったのでは?」と聞かれた白濱が「自分はできていると思っていたのに、できていなかった……」と告白。さらにイベント終盤にはクラブ・サンマルチノのキャラクターを演じた板垣瑞生前田公輝のVTRがサプライズで上映される場面もあった。

最後に白濱は「この作品は貴族と王子がぶつかる中で、友情だったり男の熱い物語だったり、いろいろなドラマが生まれる映画になっておりますので、フェンシングなどのアクションシーンもあわせて楽しんでください!」とファンにメッセージを贈った。

「貴族降臨 -PRINCE OF LEGEND-」は3月13日に全国公開。

(c)2020「PRINCE OF LEGEND」製作委員会

映画ナタリーをフォロー