映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

津田健次郎が連続テレビ小説「エール」の語り担当「想定外で驚きました」

324

津田健次郎がNHK連続テレビ小説「エール」の語りを担当する。

「エール」は「栄冠は君に輝く」「六甲おろし」など生涯で約5000曲を生み出した作曲家・古関裕而と、その妻で歌手としても活躍した金子をモデルに、音楽とともに生きた夫婦の姿を描く作品。窪田正孝が天才作曲家・古山裕一、二階堂ふみがその妻・関内音を演じる。

津田は「小学生のころから見ていた『連続テレビ小説』の語りを務めることになるとは、まったくの想定外で驚きました。オファーをいただいたときは、『僕でいいんですか?』と戸惑いながらも、とてもうれしかったです」と回想。「すてきな物語が繰り広げられており、台本を見るのが毎回楽しく、一視聴者の気持ちで台本を読ませていただいております」と述べている。なお「エール」のTwitterアカウントでは、津田の音声コメントが公開中だ。

「エール」は3月30日から9月26日にかけてNHK総合などで放送される。

連続テレビ小説「エール」

2020年3月30日(月)放送スタート 毎週月曜~土曜
NHK総合 8:00~8:15ほか
NHK BSプレミアム・BS4K 7:30~7:45ほか

映画ナタリーをフォロー