映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

ショーン・レヴィと「このサイテーな世界の終わり」監督によるNetflixドラマ配信

155

「このサイテーな世界の終わり」のジョナサン・エントウィッスルが監督を務めたNetflixオリジナルシリーズ「ノット・オーケー」が2月26日より配信される。

「ストレンジャー・シングス 未知の世界」シリーズのショーン・レヴィが製作総指揮を担当した本作。17歳の女子高生シドニーは、父親の死によって変わってしまった家族関係、恋や友情に悩む日々を送っていた。そんなある日、彼女は突然スーパーパワーを覚醒させる。

「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」のベバリー役で知られるソフィア・リリスが、シドニーを演じた。「IT」にスタンリー役で出演したワイアット・オレフが、シドニーのナルシストな友人スタンリーに扮している。YouTubeで公開された予告編には、血まみれで走るシドニーの姿や、彼女が自分のパワーに戸惑う場面が切り取られた。

レヴィは本作について「『ストレンジャー・シングス』と同じように10代の若者を描くドラマであっても、10代の若者だけが観るドラマにはしないように作りました」とコメント。「若者たちには、若者だけに迎合しない面白さをわかってもらえると思いますし、絶妙に時代を超越した衣装やセットデザイン、音楽のチョイスなど、精巧かつ高度でスタイリッシュであり、すべての年齢層が共感できる物語になっています」と自信をのぞかせ、「ソフィアは唯一無二の独特な雰囲気を持っていて、会った瞬間に“シドニーを見つけた”と思いました」と話している。エントウィッスルは「『FARGO / ファーゴ』や『ツイン・ピークス』に触発された撮影を行いながらも、物語は若者を描いたストーリーなので、あらゆる視聴者に受け入れられるドラマだと思います」と述べた。

映画ナタリーをフォロー