映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

「カランコエの花」中川駿が「サンキューフォーカミング」「BOY」を称賛

60

「カランコエの花」の中川駿が「サンキューフォーカミング」「BOY」に寄せたコメントが到着した。

中川や今泉力哉を輩出してきた映画学校・ニューシネマワークショップ(NCW)が明日2月15日から21日まで東京・K's cinemaで開催するニューシネマウィーク東京 2020。2作品は同映画祭でスクリーンにかけられる。

吉田真由香が監督を務めた「サンキューフォーカミング」では、家庭のある男性と関係を持ち妊娠した芽衣が自分の人生と向き合っていくさまを描く。中川は「すごく丁寧に人物描写をする繊細さを持ちつつ、時にはバッサリ説明描写を省いてグイグイと物語を進めていく力強さも見せてくれた吉田監督。時に理性的に、時に感情的に振舞うヒロインの芽衣の姿とリンクして、きっと芽衣は吉田監督の投影なんだろうなと感じました」と述べている。

籔下雷太がメガホンを取った「BOY」は、記憶喪失になった晴人の前に恋人だと名乗る翔子が現れたことから展開する物語。記憶は戻らないものの翔子に好意を抱く晴人だったが、別の女性が「晴人は私の恋人でした」と証言し事態は急転する。中川は「ラストシーンで語られる台詞の内容に『あぁ…わかるわ』とチクチクきました。そうなんですよね、男って。いくつになっても『BOY』なんですよね」と語った。現在YouTubeでは2作品の予告編が公開中だ。

ニューシネマウィーク東京 2020

2020年2月15日(土)~21日(金)東京都 K's cinema

中川駿 コメント

「サンキューフォーカミング」について

すごく丁寧に人物描写をする繊細さを持ちつつ、時にはバッサリ説明描写を省いてグイグイと物語を進めていく力強さも見せてくれた吉田監督。時に理性的に、時に感情的に振舞うヒロインの芽衣の姿とリンクして、きっと芽衣は吉田監督の投影なんだろうなと感じました。きっとこの作品は吉田監督じゃなければ作れなかっただろうなと思います。そしてそれを見事に体現したぎぃ子さん。どこか親近感の湧くルックスで観客をリラッ クスさせつつ、時折見せる表情にハッとさせられる、不思議な魅力にやられました。

「BOY」について

ラストシーンで語られる台詞の内容に「あぁ…わかるわ」とチクチクきました。そうなんですよね、男って。いくつになっても「BOY」なんですよね。そうならないように気をつけてはいるんですけどね…(笑)。そんなことを説教臭くなり過ぎず、コミカルに伝えてくれるエンターテインメント作品でした。あと、広瀬翔子役の大咲レイナさん。めっちゃハマってました。大咲さん自身の個性がすごく役に効いてました。それを引き出した籔下監督、すごいっす。

映画ナタリーをフォロー