インディーズ作品のための映画祭をニューシネマワークショップが開催

28

映画学校・ニューシネマワークショップ(NCW)が開催する映画祭、ニューシネマウィーク東京 2020が、2月15日から21日まで東京・K's cinemaで開催される。

ニューシネマウィーク東京 2020のビジュアル。

ニューシネマウィーク東京 2020のビジュアル。

大きなサイズで見る

「愛がなんだ」の今泉力哉や「カランコエの花」の中川駿を輩出してきたNCW。映画祭ではNCW出身監督の作品に限らず、日本中の優れたインディーズ作品のみを上映する。

メイン部門となる「ニューシネマセレクション」では、選りすぐりの10本を上映。最終日には観客賞を発表し、ナンバー1に選ばれた作品の監督に賞金10万円を贈呈する。また、2020年に劇場公開される予定の長編「トンカカトン」「愛うつつ」「されど青春の端くれ」をお披露目する「プレミアナイト」、吉野竜平が監督を務めた「ミゾロギミツキを探して」のアンコール上映も実施される。

さらに、2019年の新人監督映画祭長編作品部門で準グランプリを受賞した吉田真由香監督作「サンキューフォーカミング」、「わたしはアーティスト」でPFFアワード2015の審査員特別賞を受賞した籔下雷太の長編デビュー作「BOY」も上映。最終日にはゲストを迎えたトークショーが行われる予定だ。

前売り券はチケットぴあで12月20日に発売。上映作品の詳細やタイムテーブルなどは、映画祭の公式サイトで確認を。

ニューシネマウィーク東京 2020

2020年2月15日(土)~21日(金)東京都 K's cinema
料金:前売り券 1200円 / 当日券 1500円

関連記事

吉野竜平のほかの記事

リンク