「リュウソウジャー」一ノ瀬颯が魁利モノマネ、岸田タツヤはバンバの“裸”に言及

2170

第5回東映特撮ファンミーティング「スーパー戦隊MOVIEパーティー」前夜祭が、本日2月7日に東京・渋谷TOEIで開催され、「騎士竜戦隊リュウソウジャー」キャストの一ノ瀬颯綱啓永尾碕真花小原唯和岸田タツヤ兵頭功海、プロデューサーの丸山真哉が登壇した。

第5回東映特撮ファンミーティング「スーパー戦隊MOVIEパーティー」前夜祭の様子。

第5回東映特撮ファンミーティング「スーパー戦隊MOVIEパーティー」前夜祭の様子。

大きなサイズで見る(全32件)

一ノ瀬颯

一ノ瀬颯[拡大]

本イベントでは、「スーパー戦隊MOVIEパーティー」の2作品「劇場版 騎士竜戦隊リュウソウジャーVSルパンレンジャーVSパトレンジャー」と「魔進戦隊キラメイジャー エピソードZERO」を上映。その後キャストたちが舞台挨拶を行った。

第5回東映特撮ファンミーティング「スーパー戦隊MOVIEパーティー」前夜祭の様子。

第5回東映特撮ファンミーティング「スーパー戦隊MOVIEパーティー」前夜祭の様子。[拡大]

「皆さんこんにちは!!」と挨拶したコウ役の一ノ瀬は、周りから即「“こんばんは”でーす」「夜でーす」とツッコまれるが、「まあ、いいでしょう! 映画どうでしたか!?」と元気に話を続ける。丸山は、本作の脚本を「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」の香村純子が手がけていることに触れ「ものすごくファンの多いルパパトを、僕たちが壊してしまったらまずいと思って、ダメもとで香村さんに声をかけました。最初は忙しいからできないと言っていたのですが、『とりあえずプロットだけでも……』『書けなかったときは荒川(稔久)さんに……』となんとなく騙していったら、最終的に書いてくれました(笑)」と言って拍手を受けた。

腰のマフラータオルが見えるように背伸びする兵頭功海(中央左)と、小原唯和(中央右)に抱きつく岸田タツヤ(右端)。

腰のマフラータオルが見えるように背伸びする兵頭功海(中央左)と、小原唯和(中央右)に抱きつく岸田タツヤ(右端)。[拡大]

カナロ役の兵頭は、奥山かずさ演じる明神つかさと関わるシーンについて「映画が発表された時点で、SNSで『カナロがつかささんに求婚するの?』って意見がいっぱいあったんです。まあ通常営業って感じです(笑)」とコメント。トワ、バンバ、そして横山涼扮する陽川咲也は変身後に3人で戦うことから、トワ役の小原は「トワ・バンバがかっこいいコンビネーションをやらせてもらったあとの、パトレン2号の破壊力! 僕ら3人はお笑い担当なんだなって……」と残念がり、バンバ役の岸田は「ふざけてるね、あいつ」とこぼした。

急に話を振られ、汗を拭く一ノ瀬颯(左)。

急に話を振られ、汗を拭く一ノ瀬颯(左)。[拡大]

伊藤あさひ演じる夜野魁利との関わりについて話す中で、一ノ瀬は「『これ、ただごとじゃない感じ?』っていうシーンで……」と魁利のモノマネを披露し、意外なクオリティの高さに周囲から感心される。一ノ瀬が「僕はうつ伏せで倒れないといけなかったのですが、前日が雨だったので地面がぐちゃぐちゃで……。僕は潔癖症に近いから、『うっ!!』となっていたら笑われました」と続けると、小原は「ただごとじゃない感じだったんだ(笑)」とオチをつけた。

いじられて赤面する綱啓永。

いじられて赤面する綱啓永。[拡大]

高尾ノエル役・元木聖也のアクロバットシーンを、アスナ役の尾碕が「身体能力の高さがすごかった!」と絶賛すると、一ノ瀬は「台本にも『無駄にアクロバットをする』って書いてあった」と暴露。元木と共演シーンのあったメルト役の綱は「その時期、僕は口内炎ができていて……。いつもは滑舌には自信があるんですけど、5テイクくらい撮り直しになってしまった。でもノエルさんは優しくて、僕の“滑舌”を待ってくれたんです」と話すが、途中で一ノ瀬らに「“カツレツ”がどうしたって?」といじられていた。

一ノ瀬颯(中央左)が“締めの挨拶をするメンバー”を選ぶことになり、目を合わせないようにする共演者たち。

一ノ瀬颯(中央左)が“締めの挨拶をするメンバー”を選ぶことになり、目を合わせないようにする共演者たち。[拡大]

“締めの挨拶をするメンバー”を選ぶことになり、ノールックで兵頭功海(中央左)を指名した一ノ瀬颯(左端)。

“締めの挨拶をするメンバー”を選ぶことになり、ノールックで兵頭功海(中央左)を指名した一ノ瀬颯(左端)。[拡大]

Q&Aコーナーで「1年前の自分に一言かけるなら?」という質問が挙がると、一ノ瀬は「最初から思いっきりやっていいんだよ」、綱は「笑顔を忘れるなよ」、そして尾碕は「もうクランクアップしたよー」と答える。小原が「仲間を大事にしろ」と回答したあと、岸田は「もしかしたら衣装を破られるかもしれないから、筋トレはしといたほうがいいよ」と爆笑を起こす。そして1年前の今頃に追加戦士オーディションを受けていた兵頭は「僕、レッドのオーディションだと思っていたんです。『がんばって赤の役を獲ろう!』と思っていたら追加戦士で、最初は残念だった。でもそのときの自分に、このゴールドはみんなに愛される役になったので、やってよかったぞと言いたいですね」と明かした。

「ソウルをひとつに!」「ケボーン!」の掛け声で盛り上がるキャストたち。

「ソウルをひとつに!」「ケボーン!」の掛け声で盛り上がるキャストたち。[拡大]

テレビシリーズ終盤の見どころを聞かれた丸山が「来週も再来週も最終回も、予測がつかないことが起きます。バンバがなんで脱いだのかな、とかね(笑)」と言ったのを受け、次回第45話の予告で肌を露出していた岸田が「僕が(自ら)脱いだわけじゃない!」と訂正する。そしてお決まりとなった「ソウルをひとつに!」「ケボーン!」の掛け声でイベントを締めようとしたところ、一ノ瀬が「僕が『ソウルをひとつに!』って言ったら、『おいしいぞ!』って返してください」と、ファンにはおなじみのCMネタを挟んで観客を笑わせた。

「スーパー戦隊MOVIEパーティー」は2月8日から全国ロードショー。なおスーパー戦隊シリーズ第44弾「魔進戦隊キラメイジャー」は、テレビ朝日系で3月8日に放送開始となる。

この記事の画像(全32件)

関連記事

一ノ瀬颯のほかの記事

リンク

関連商品

スーパー戦隊MOVIEパーティー (c)テレビ朝日・東映AG・東映 (c)2020テレビ朝日・東映AG・東映