映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

「犬鳴村」冒頭8分をノーカットで限定公開、恐怖回避システムも

304

「犬鳴村」ビジュアル

「犬鳴村」ビジュアル

犬鳴村」より冒頭8分のノーカット映像がYouTubeで公開。2月6日までの期間限定で観ることができる。

「呪怨」シリーズで知られる清水崇が監督を務めた本作は、福岡・旧犬鳴トンネルの先にあるとされる“犬鳴村”をモチーフにしたホラー。身の回りで不可解な出来事が起こる臨床心理士の森田奏が、犬鳴村の謎を解き明かしていくさまが描かれる。「ダンスウィズミー」の三吉彩花が奏に扮した。

映画は坂東龍汰演じる奏の兄・森田悠真と、大谷凜香演じる西田明菜が犬鳴トンネルを目指すシーンから幕開け。カメラを回す悠真の忠告を押し切り、楽しそうにトンネルの中を進んでいく明菜だったが、後半には彼女が何かにおびえ泣きじゃくりながら逃げるように走る様子も。

また特設サイトでは、怖いシーンを回避する機能が付いた冒頭映像も観ることができる。画面左下のスイッチを押すと「恐怖回避」モードに切り替わり、恐怖演出までのカウントダウン表示や登場人物の顔の加工などで怖さを半減させる仕組みだ。スイッチを押している時間の長さによって怖がり度を鑑定してくれる機能も。

「犬鳴村」は2月7日より全国ロードショー。福岡のT・ジョイ博多、T・ジョイ リバーウォーク 北九州では2月1日より先行公開される。

(c)2019「犬鳴村」製作委員会

映画ナタリーをフォロー