映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

佐藤大樹と橋本環奈のW主演作「小説の神様」、佐藤流司や片岡愛之助が出演

176

「小説の神様」キャスト。左上から時計回りに佐藤流司、柴田杏花、莉子(上)、坂口涼太郎(下)、和久井映見、片岡愛之助、山本未來。

「小説の神様」キャスト。左上から時計回りに佐藤流司、柴田杏花、莉子(上)、坂口涼太郎(下)、和久井映見、片岡愛之助、山本未來。

佐藤大樹EXILE / FANTASTICS from EXILE TRIBE)と橋本環奈のダブル主演作「小説の神様」に、佐藤流司柴田杏花片岡愛之助和久井映見らが出演するとわかった。

相沢沙呼の同名小説を「HiGH&LOW」シリーズの久保茂昭が映画化した本作。売れない高校生小説家の千谷一也(ちたにいちや)と、クラスメイトであり売れっ子高校生小説家の小余綾詩凪(こゆるぎしいな)が、2人で協力してベストセラー小説を作り出そうとするさまが描かれる。ナイーブな一也を佐藤大樹、ドSな詩凪を橋本が演じた。

「ミュージカル『刀剣乱舞』」「HiGH&LOW THE WORST」の佐藤流司が演じるのは、文芸部部長の九ノ里(くのり)正樹。一也が小説家であることを知る数少ない友人であり、詩凪を文芸部に誘う物語のキーマンだ。そして「僕に、会いたかった」の柴田は、一也の小説の大ファンである後輩・成瀬秋乃役で出演。さらに一也と詩凪に共作を持ちかける担当編集者・河埜(こうの)に「ミッドナイト・バス」の山本未來が扮し、一也のデビュー作を担当した編集者・野中に「HiGH&LOW THE WORST」の坂口涼太郎が扮する。

片岡は一也の父親で売れない小説家だった故人・昌也役、和久井は一也の母・優理子役で参加。またPopteen専属モデルの莉子が、一也の病弱な妹・雛子役で長編映画初出演を果たす。

「小説の神様」は5月22日に全国公開。

(c)2020「小説の神様」製作委員会

映画ナタリーをフォロー