「ゴーストマスター」ポルト国際映画祭コンペ部門に出品、台湾での公開も決定

310

三浦貴大成海璃子がダブル主演を務めた「ゴーストマスター」が、2月にポルトガルで開催される第40回ポルト国際映画祭のコンペティション部門・OFFICIAL FANTASY SECTIONに出品されることがわかった。

「ゴーストマスター」第40回ポルト国際映画祭出品告知ビジュアル

「ゴーストマスター」第40回ポルト国際映画祭出品告知ビジュアル

大きなサイズで見る(全23件)

「ゴーストマスター」メインビジュアル

「ゴーストマスター」メインビジュアル[拡大]

キラキラ青春映画の撮影現場を舞台とする本作は、“壁ドン”の意味に悩む主演俳優・桜庭勇也のせいで撮影がストップし、事態の収束を任された助監督・黒沢明を主人公とするホラーコメディ。過酷な撮影現場でうっ積した彼の不満と怨念のような映画愛が悪霊を呼び寄せ、監督デビューのために執筆した脚本に憑依したことで、現場を惨劇の舞台に変えていく。

これまでベルギーの第37回ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭、スペインの第52回シッチェス・カタロニア国際映画祭など多くの映画祭で上映された本作。ポルト国際映画祭のディレクターを務めるマリオ・ドミンスキーは「『ゴーストマスター』は素晴らしく面白い! 想像力あふれる作品だ!」とコメントしている。

ヤング ポールが監督を務めた「ゴーストマスター」は東京・新宿シネマカリテほか全国で順次公開中。なお本作は、2020年に台湾でも劇場公開される。

この記事の画像・動画(全23件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

三浦貴大のほかの記事

リンク

関連商品

(c)2019『ゴーストマスター』製作委員会