映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

アニー賞で「天気の子」監督賞含む4部門ノミネート、日本から若おかみ&プロメアも

304

「天気の子」ビジュアル (c)2019「天気の子」製作委員会

「天気の子」ビジュアル (c)2019「天気の子」製作委員会

第47回アニー賞のノミネート作品が発表され、日本から「天気の子」がインディペンデント作品賞を含む4部門でノミネートを果たした。

1972年に設立された“アニメーション界のアカデミー賞”と称される同賞。長編作品賞には現在公開中のディズニーアニメ「アナと雪の女王2」をはじめ、Netflixで配信中の「クロース」、12月20日に封切りを控える「ヒックとドラゴン 聖地への冒険」、7月に公開された「トイ・ストーリー4」などが並んだ。ストップモーションアニメ「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」で知られる制作会社スタジオライカの新作「Missing Link(原題)」もノミネートされている。

「天気の子」はインディペンデント作品賞とアニメーション効果賞に加え、新海誠が長編部門の監督賞と脚本賞に選出された。日本からは「若おかみは小学生!」「プロメア」もインディペンデント作品賞にノミネート。そのほかNetflixで配信されているフランスの長編アニメ「失くした体」、映画監督ルイス・ブニュエルの短編作品「糧なき土地」の制作秘話を描いたアニメ「Bunuel in the Labyrinth of the Turtles(英題)」も選ばれた。

またテレビ・メディア部門では、監督賞にNetflixオリジナルシリーズより「リラックマとカオルさん」の小林雅仁、「ULTRAMAN」の神山健治荒牧伸志が選出。絵コンテ賞に「キャロル&チューズデイ」の渡辺信一郎がノミネートされている。

第47回アニー賞の授賞式は、アメリカ現地時間1月25日に開催。主要部門のノミネートは下記の通り。

第47回アニー賞 主要部門ノミネーション

長編アニメーション作品賞

「アナと雪の女王2」
「クロース」
「ヒックとドラゴン 聖地への冒険」
「Missing Link(原題)」
「トイ・ストーリー4」

インディペンデント作品賞

「Bunuel in the Labyrinth of the Turtles(英題)」
「失くした体」
「若おかみは小学生!」
「プロメア」
「天気の子」

アニメーション効果賞(長編アニメーション)

「Abominable(原題)」
「アナと雪の女王2」
「Missing Link(原題)」
「トイ・ストーリー4」
「天気の子」

キャラクターデザイン賞(長編アニメーション)

「Abominable」
「アナと雪の女王2」
「クロース」
「Spies in Disguise(原題)」
「The Addams Family(原題)」

監督賞(長編アニメーション)

クリス・バックジェニファー・リー「アナと雪の女王2」
ジェレミー・クラパン「失くした体」
セルジオ・パブロス「クロース」
クリス・バトラー「Missing Link」
新海誠「天気の子」

音楽賞(長編アニメーション)

「アウェイ」
「アナと雪の女王2」
「失くした体」
「Spies in Disguise」
「トイ・ストーリー4」

美術賞(長編アニメーション)

「Abominable」
「ヒックとドラゴン 聖地への冒険」
「クロース」
「Missing Link」
「The Addams Family」

声優賞(長編アニメーション)

テンジン・ノルゲイ・トレイナー「Abominable」
ジョシュ・ギャッド「アナと雪の女王2」
リチャード・ホーヴィッツ「インベーダー・ジム:フローパス計画」
ジェニー・スレイトペット2
トニー・ヘイル「トイ・ストーリー4」

脚本賞(長編アニメーション)

ジェニファー・リー「アナと雪の女王2」
ディーン・デュボア「ヒックとドラゴン 聖地への冒険」
ジェレミー・クラパン、ギョーム・ローラン「失くした体」
アンドリュー・スタントン、ステファニー・フォルサム「トイ・ストーリー4」
新海誠「天気の子」

編集賞(長編アニメーション)

「ヒックとドラゴン 聖地への冒険」
「クロース」
「Missing Link」
「ペット2」
「トイ・ストーリー4」

※「Bunuel in the Labyrinth of the Turtles」の1つ目の「n」はティルデ付きが正式表記

映画ナタリーをフォロー