映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

6カ国6本の無声映画を弁士・伴奏付きで上映、「ユダヤ人のいない街」は日本初公開

145

「ユダヤ人のいない街」

「ユダヤ人のいない街」

特集上映「サイレントシネマ・デイズ 2019」が本日11月12日から17日にかけて東京・国立映画アーカイブで開催される。

この特集では、1920年代に製作された6カ国6本の無声映画をお届け。中央アフリカの自然を物語仕立てにまとめたイギリス映画「テンビ」や、バーの踊り子の悲劇的な運命を描くフランス映画「エル・ドラドオ」、モスクワへ上京した少女が労働組合の活動に参加するソ連のコメディ「トルブナヤ通りの家」などがラインナップに並んだ。またフィルムアルヒーフ・オーストリアによって2018年に復元された「ユダヤ人のいない街」が日本初上映される。

各日2回目の上映は弁士および伴奏付き。14日の「紅い剣士」上映では作曲家でピアニストの新垣隆が伴奏を行う。通常の上映とは料金が異なるのでご注意を。上映スケジュールは国立映画アーカイブの公式サイトで確認しよう。

サイレントシネマ・デイズ 2019

2019年11月12日(火)~17日(日)東京都 国立映画アーカイブ
通常上映料金:一般 520円 / 高校・大学生、シニア 310円 / 小・中学生 100円
※障害者(付添者は原則1名まで)、国立映画アーカイブのキャンパスメンバーズは無料

弁士・伴奏付き上映料金:一般 1050円 / 高校・大学生、シニア 840円 / 小・中学生 600円
※国立映画アーカイブのキャンパスメンバーズは学生 400円 / 教職員 500円
※障害者(付添者は原則1名まで)は無料

<上映作品>
「エル・ドラドオ」伴奏:長谷川慶岳
「ユダヤ人のいない街」伴奏:神崎えり
曲馬団のサリー」伴奏:小林弘人
「トルブナヤ通りの家」伴奏:柳下美恵
「テンビ」弁士:坂本頼光、伴奏:坂本真理
「紅い剣士」伴奏:新垣隆

※神崎えりの崎は立つ崎(たつさき)が正式表記

映画ナタリーをフォロー