映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

稲葉友、内田理央の登録名を「“熊に特化した女優”にしようかな」

1063

「クソみたいな映画」舞台挨拶の様子。左から村田秀亮、内田理央、稲葉友、芝聡。

「クソみたいな映画」舞台挨拶の様子。左から村田秀亮、内田理央、稲葉友、芝聡。

京都国際映画祭2019 TV DIRECTOR'S MOVIE部門に出品された「クソみたいな映画」の舞台挨拶が本日10月19日に京都のT・ジョイ京都で行われ、キャストの内田理央稲葉友村田秀亮とろサーモン)、監督を務めた芝聡が登壇した。

石田明(NON STYLE)が脚本を手がけた本作は、彼が長年温めてきたストーリーをもとに、人間の醜さと優しさ、愛する人のために憎しみを乗り越える強さを笑いを交えて描く物語。主人公の“復讐を誓った女”を演じた内田は、MCに復讐したい相手はいるかと質問されると「昨日背中を寝違えまして」と話し出す。稲葉と村田が「背中!?」とざわつく中、内田は「背中が痛くてお辞儀ができないんですよ。だから枕に復讐を誓いました。どう復讐してやろうか……」と独特な世界観を繰り広げた。

本作が初監督作品となった芝は、「何から何までキャストの皆さんに助けられながら撮影することができ、本当にありがとうございました」と感謝。脚本については「石田さんにはお仕事の前後で時間をいただいて、何度も相談させていただいて進めました。セリフは完全に石田さんのセンスにお任せしています」と述べる。続けてMCから、石田が本作にカメオ出演していることが明かされるも、内田は「え?」とピンと来ない様子。稲葉は「あなた現場で見たでしょ? あのシーンだよ」と内田に説明するも、芝に「いや、そのシーンにはいらしてません。ご本人が別のシーンで歩いてらっしゃいます」と訂正され、内田とともに「えっ、それは知らない!」と驚いていた。

村田は、内田、稲葉、芝と食事に行った際のエピソードを紹介。「僕がキャンプ好きなのでいろいろお話していたら、内田さんが『私、熊に特化しているんですよ』って言い出すんです。聞くと、熊と遭遇した場合を想像したら怖くなってしまって、いろいろな対処方法を覚えてらっしゃるそうです」と明かす。内田はうなずきながら「私、熊NGです!」と述べ、目をそらさずに後ずさりする、荷物を手放す、などの対処法を解説。稲葉は「電話帳の内田さんの登録名、『熊に特化した女優』にしようかな……」と話し、観客を笑わせた。

最後に観客へのメッセージを求められた内田は「毎日生きていくのが大変な世の中じゃないですか」と語りかけ、「ストレス社会なので、この映画から少しでも幸せに生きるヒントを得ていただければと思います」と話した。

京都国際映画祭2019は10月20日まで京都市内で開催される。

映画ナタリーをフォロー