北条司「エンジェルサイン」予告公開、DEAN FUJIOKA担当の主題歌に松下奈緒も参加

242

「シティーハンター」で知られるマンガ家・北条司が総監督を務める実写映画「エンジェルサイン」の主題歌をDEAN FUJIOKAが担当することが明らかに。また予告編がYouTubeで公開された。

「エンジェルサイン」ポスタービジュアル

「エンジェルサイン」ポスタービジュアル

大きなサイズで見る(全16件)

「エンジェルサイン」

「エンジェルサイン」[拡大]

本作は奇跡の訪れを告げるブルーバタフライと音楽が鍵を握る6つの物語からなるオムニバス作品。全編通してセリフはなく、映像と音楽でストーリーが展開するサイレント映画となる。「プロローグ」「エピローグ」では北条自身がメガホンを取り、「別れと始まり」「空へ」「30分30秒」「父の贈り物」「故郷へ」では、世界中から寄せられたサイレントマンガオーディションの受賞作品をアジア各国の監督が映像化した。「プロローグ」「エピローグ」では松下奈緒ディーン・フジオカが主演している。

主題歌「Chasing A Butterfly feat. Nao Matsushita」を聴くことができる予告映像には、松下演じるチェリストのアイカとフジオカ演じるピアニストのタカヤの演奏シーンが収められた。さらに緒形直人菊池桃子佐藤二朗ら共演陣の姿も。

DEAN FUJIOKAはタカヤが遺した楽曲“Angel Sign”を挙げ、「“Angel Sign”の次に、もしもタカヤがもう一曲だけ作っていたとしたらどんな楽曲を紡ぎ出したのだろうか? すべてはその想像から始まりました」と主題歌制作の経緯を明かした。ピアノ演奏と歌で楽曲に参加した松下は「演奏するにあたり、アイカのタカヤを想う気持ちをピアノにのせました。なかなか難しかったですが、ディーンさんが先にレコーディングして下さっていたので、その歌に寄り添って行けたらいいなと思いながら、レコーディングしました」と振り返っている。

落合賢ノンスィー・ニミブット、ハム・トラン、旭正嗣カミラ・アンディニが監督に名を連ねた「エンジェルサイン」は東京のユナイテッド・シネマ豊洲ほかで11月15日に公開。

DEAN FUJIOKA コメント

この映画のメインテーマ曲“Angel Sign”の次に、もしもタカヤがもう一曲だけ作っていたとしたらどんな楽曲を紡ぎ出したのだろうか? すべてはその想像から始まりました。例え命が尽きても、相手を想う気持ちは変わらず、未来に向かって歩んで欲しい。そう切に願う登場人物たちの気持ちに寄り添いながら、この映像作品を象徴するような主題歌を生み出すべく制作に当たりました。映画本編でもご一緒させて頂いた松下奈緒さんをフィーチャーしたこの“Chasing A Butterfly”。6つの愛の物語を結ぶ“ブルーバタフライ”の行き先を示すような存在になってくれればと願っています。

松下奈緒 コメント

今回は、ディーンさんが作詞作曲され、2人で歌える事が嬉しかったです。初めて楽曲を聞いた時からメロディーがずっと頭から離れず、気づいたら口ずさんでいました。とてもステキな曲で、さすがディーンさんだなと思いました。演奏するにあたり、アイカのタカヤを想う気持ちをピアノにのせました。なかなか難しかったですが、ディーンさんが先にレコーディングして下さっていたので、その歌に寄り添って行けたらいいなと思いながら、レコーディングしました。

この記事の画像・動画(全16件)

関連記事

北条司のほかの記事

リンク

(c)「エンジェルサイン」製作委員会

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 エンジェルサイン / 北条司 / 緒形直人 / 菊池桃子 / 佐藤二朗 / 松下奈緒 / ディーン・フジオカ / 落合賢 / ノンスィー・ニミブット / 旭正嗣 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。