映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「HiGH&LOW」志尊淳が“鳳仙演出部”のキャストに苦言「爪痕残したがり!」

932

「HiGH&LOW THE WORST」男性限定試写会の様子。前列左から塩野瑛久、志尊淳、荒井敦史。後列左から葵揚、小柳心、坂口涼太郎。

「HiGH&LOW THE WORST」男性限定試写会の様子。前列左から塩野瑛久、志尊淳、荒井敦史。後列左から葵揚、小柳心、坂口涼太郎。

HiGH&LOW THE WORST」の男性限定試写会が本日9月22日に東京のユナイテッド・シネマ豊洲で開催され、キャストの志尊淳塩野瑛久葵揚小柳心荒井敦史坂口涼太郎が登壇した。

EXILE HIROがプロデュースする「HiGH&LOW」シリーズと、高橋ヒロシによるマンガ「クローズ」「WORST」がコラボした本作。互いの仲間が襲撃されたことをきっかけに、鬼邪高校全日制と、幹部以外は全員スキンヘッドの最強軍団・鳳仙学園が激突するさまを描く。鳳仙の頭・上田佐智雄を志尊が演じ、“小沢仁志”こと鳳仙四天王の小田島有剣に塩野、沢村正次に葵、仁川英明に小柳心、志田健三に荒井が扮した。坂口は幹部・サバカンを演じている。

冒頭、坂口がかわいらしい身振りでステージ前方に進み「本日は鳳仙学園主催のイベントにお越しいただきありがとうございます。前列の方から頭剃らせていただきますので、こちらにどうぞ」とほほえむ。志尊らが「いやいやいやいや!」とツッコむと、坂口は「今日は鳳仙学園主催の剃髪イベントって聞いてたんですけど……?」と首をかしげた。

イベントには宣伝応援プロデューサーを務めるやべきょうすけも出席し、志尊ら鳳仙学園メンバーの魅力を語っていく。やべは「全体で見ても皆さんすごいですね! 役者として同じ世代じゃなくてよかったと思います。皆さん自分の役柄を理解していて、ものすごく細かいところまで表現されているんです」と語り、劇中の具体的なシーンを挙げながら5人それぞれの見どころを紹介する。志尊はやべのコメントを受けて「気持ちいいです……(笑)。細かいところを作っていくことで全体のイメージがしっかりしていくと思っていたので気付いていただいてうれしい。今日は大変よく眠れそうでございます」とご満悦の様子。しかし、話題が尽きない様子のやべに小柳が「やべさん、まるで歩くパンフレットですね!」とツッコむと観客から笑い声があがった。

やべが終盤のワンシーンに言及すると、小柳は待ちきれない様子で「その話してもいいですか?」と食い込む。「なんとか爪痕を残したいと思ったので、塩野くんと荒井くんと演技をいろいろ考えました」と明かすと、荒井がうなずきながら塩野と小柳を指さし「基本的に僕とこの2人が鳳仙の演出部で、いろいろアイデアを出すんです。でもGOが出て撮影に入ったらNGを出すのもこの3人(笑)。淳は僕らのアイデアをえらい人に相談しに行く係」と述懐。志尊は「毎日ずっと芝居の話してたよね。関係ない話はあんまりしてなかったかも」と苦笑し、小柳と荒井について「とにかく役者として爪痕を残したがりなんですよ! 『ちょっとちょっと……』って止めてあげないといけない」と明かした。

ここでサプライズゲストとして、TKO木本武宏木下隆行がスキンヘッド軍団を従えて乱入。一行は「リアクションに困ってんじゃねえぞ!」「ちゃんと撮れこら!」と観客やマスコミに絡みながら登壇すると、志尊らに「おい、偽物!」と喧嘩を売り始める。志尊はスキンヘッド軍団の中に劇中にも登場した人物がいることに触れながら「この方々1人ひとりの力が鳳仙を作り上げてくださったんだなと思います。皆さんめちゃめちゃいい人なんです」と感謝する。

最後に志尊は「昔から憧れていたこういう作品に携わったことで、悪いとか強いというのは表面的じゃないなということを感じました。内側に持っている強さであったりとか、一枚岩であることを表現したくて、みんなで話し合ってひとつの鳳仙を作ってきました。内に込めた熱い思いを感じ取ってくださったらうれしいです」とコメント。マスコミ向けのフォトセッションでは、志尊の「10月4日、鬼邪高潰すぞ」という掛け声に、観客とキャストが歓声で応じる場面も見られた。

「HiGH&LOW THE WORST」は10月4日より全国ロードショー。

※高橋ヒロシの高は、はしごたかが正式表記

(c)2019「HiGH&LOW THE WORST」製作委員会 (c)高橋ヒロシ(秋田書店)HI-AX

映画ナタリーをフォロー