武田航平「キャーキャー言ってくれ!」、大歓声浴びるも高田夏帆の評価は

4592

Vシネマ「ビルド NEW WORLD 仮面ライダーグリス」の大ヒット御礼舞台挨拶“武田航平ナイト3”が、本日9月18日に東京・新宿バルト9にて行われ、猿渡一海 / 仮面ライダーグリス役の武田航平、石動美空役の高田夏帆、滝川紗羽役の滝裕可里、万丈龍我 / 仮面ライダークローズ役の赤楚衛二が登壇した。

「ビルド NEW WORLD 仮面ライダーグリス」大ヒット御礼舞台挨拶“武田航平ナイト3”にて、左から滝裕可里、高田夏帆、武田航平、赤楚衛二。

「ビルド NEW WORLD 仮面ライダーグリス」大ヒット御礼舞台挨拶“武田航平ナイト3”にて、左から滝裕可里、高田夏帆、武田航平、赤楚衛二。

大きなサイズで見る(全30件)

登場するやいなや、観客をあおる武田航平(右)。

登場するやいなや、観客をあおる武田航平(右)。[拡大]

舞台挨拶の生配信用カメラに向かって話す赤楚衛二(手前)。

舞台挨拶の生配信用カメラに向かって話す赤楚衛二(手前)。[拡大]

イベント冒頭、武田から伝言を預かったという司会者が読み上げたのは「俺はキャーキャー言われるために仮面ライダーになったんだ!」という一言。思惑を察した観客が「キャー!」「フー!」と盛り上げる中、武田は「キャーキャー言ってくれ!」と叫びながら共演者たちと会場に現れた。男女問わず鳴り響く歓声に対し、武田は「俺は女にキャーキャー言われたいんだ!」とぼやきながらもうれしそうに挨拶。うらやましげに眺めていた高田は「私も『みーたん』って聞きたい!」と観客をあおり、役名を大声で呼んでもらって満足げな表情を見せる。

武田航平

武田航平[拡大]

「仮面ライダービルド」のスピンオフ第2弾であり、同シリーズの最終章にあたる本作。一海と美空の恋を描く併映の短編「ドルヲタ、推しと付き合うってよ」については、高田が「これこそドルオタドリームだなって思いました!」と満面の笑みで表現する。また高田が「試写会で初めて観たんですけど、航平さんが鼻血出してました」と暴露すると、武田は「そうそう。鼻血噴き出して(笑)。隣では栄信がちょっと涙ぐんでたし、謎の展開になってたよね」とまさかの事態を明かした。

左から高田夏帆、武田航平。

左から高田夏帆、武田航平。[拡大]

また武田は、短編での高田を「むちゃくちゃかわいかった」と振り返る。「夏帆ちゃんの普段見せない顔を見てしまったので、(撮影した)その日から意識してしまいました。昨日の夜も、夏帆ちゃんかわいいよなあと思ってたんだけど、そういえばこの間の舞台挨拶で、高田夏帆的に『一海はアリ寄りのナシ。武田航平はアリ寄りのアリ寄りのナシ』って言われたんですよね」と切なげな目をする武田。本日顔を合わせた際は「フラれた……」と感じたという。

高田夏帆(中央左)の評価に不満そうな武田航平(中央右)。

高田夏帆(中央左)の評価に不満そうな武田航平(中央右)。[拡大]

それを受け、高田は武田とともに取材を受けた際のエピソードを披露。同じ質問を何度も受け、話に困ってしまった高田が武田に助けを求めると、「全部俺に投げてくれていいから大丈夫だよ」と頼もしい返答があったそう。ひやかすような歓声が上がる中、「俺の評価が変わったんじゃない?」と聞く武田に、高田は「変わりました。ナシ寄りのアリになった!」と回答。武田は「都合のいい男みたい!」と嘆き、赤楚は「地球上で2人になったらいいんじゃない?」と提案する。最終的に「無人島に行こう!」という意見で話がまとまった。

左から滝裕可里、目に涙をためる高田夏帆。

左から滝裕可里、目に涙をためる高田夏帆。[拡大]

舞台挨拶の終盤では、改めて「ビルド」が自分にとってどんな作品だったかそれぞれ振り返ることに。滝は「ただ芝居をして1つの作品に関わるってだけではない作品でした。こうやってたくさんの方に出会える作品ってほかにないと感じて、この仕事がより好きになれました」と思いを込めて語る。高田は「青春です。まだ未熟だけど、キラキラした思い出で。みんなと一緒にいる時間がよみがえってきて、また戻りたいなって思えるような作品です」と話し、涙で目がうるむのをごまかそうと笑顔をふりまいた。

武田航平

武田航平[拡大]

赤楚は「『(仮面ライダー)アマゾンズ』を含めて役者人生の半分がライダーです。だから第2の故郷みたいなところがあります。第1の故郷は名古屋、第2の故郷は大泉学園」と話し、なぜか東映スタジオのある大泉学園に思いを馳せる。そして盛大にツッコミを受けたのち「『ビルド』は宝物のような経験でした」としんみり口にした。最後は武田が「プロデューサーの大森(敬仁)さんが『この作品は武田航平への恩返しだ』と言ってくださいました。『ビルド』を通して、自分が成長することで恩返しをしなきゃいけないと強く思えたし、今後の役者人生も気合いを入れてがんばろうと再認識させられた作品です」とコメント。「平成ライダーは終わっちゃいますけど、これからもライダーは続きますので応援していただけたらうれしいです。末長く仮面ライダーをよろしくお願いします!」と呼びかけた。

なお11月27日には「ビルド NEW WORLD 仮面ライダーグリス」のBlu-ray / DVDが発売される。

※記事初出時、人名に一部誤りがありました。お詫びして訂正します。

この記事の画像(全30件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

武田航平のほかの記事

リンク

関連商品

(c)2019 石森プロ・ADK・バンダイ・東映ビデオ・東映 (c)2017 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 ビルド NEW WORLD 仮面ライダーグリス / 武田航平 / 高田夏帆 / 滝裕可里 / 赤楚衛二 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。