映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「おっさんずラブ」田中圭、林遣都のアドリブに驚き「きんぴら食わされるとは」

16710

左から田中圭、林遣都。

左から田中圭、林遣都。

劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~」の大ヒット御礼ファン感謝祭が、本日9月4日に東京・TOHOシネマズ 日比谷にて開催され、キャストの田中圭林遣都、監督の瑠東東一郎が登壇した。

本作は、2018年に放送された連続ドラマ「おっさんずラブ」の劇場版。会場には本作をすでに20回以上鑑賞したという観客もおり、主人公・春田創一役の田中は「俺らよりセリフ覚えてるね」と感心した様子で客席を眺める。そして牧凌太役の林は「僕の地元は滋賀県で、普段はあまり映画館が混雑するようなところじゃないんですけど、この映画の初日は満員だったらしくて。僕の母の目の前の席に、中学のときの担任の先生がいたそうです」と周囲の反響を明かす。しかしその間ずっと林の顔を見ていた田中が「今日、いつもより目でかくない?」と尋ねると、林は「なんかじろじろ見てるなと思ったら……。(イベントのために)整えて来てますから!」と返した。

このイベントでは、SNSで募集したファンの好きなシーンベスト3が発表された。第3位は春田の髪にきんぴらごぼうが付いていたと発覚する“橋の上のシーン”。すると田中は「あそこもね、遣都のアドリブがひどいんだから、本当に!」とすぐに林を見る。「アドリブなんてありましたっけ?」と忘れてしまった様子の林を、田中は「ネクタイ“グイッ”とかも突然やるし、俺、きんぴら食わされると思ってなかったから! 断ってるのに、食べるまで(林が)やめないから!」と責め立てた。

そこから林のアドリブに関する話題に発展。田中は、居酒屋わんだほうで牧とちずが話しているシーンを回想し「牧のセリフ聞きました? 『時計買ったんだ、先行投資。“ルトゥー”っていうの。ペラッペラ』って。そんなアドリブあります!?」と告白する。同シーンでは瑠東の私物の腕時計が使用されており、その場でブランド名を考えたという林は「愛情ですよね、愛情」と笑ってごまかした。

ファンの好きなシーン第2位は、田中と林のほか吉田鋼太郎、沢村一樹、志尊淳といったメインキャストが集結した“サウナシーン”。瑠東は撮影を回想し「本番前、遣都だけずっとセットに残っていて。どうしたのかと聞いたら『今、鋼太郎さんを倒す武器探してるんすよ』って(笑)。ヤバない!?」と笑いを誘う。またしても非難の的となった林は「鋼太郎さんが本番何してくるかわからないのは、経験上身に染みてる。だからさらに“上”を用意しておかないといけなかったんです」と言い訳した。

そしてファンの人気をもっとも集めたのは、春田と牧のラストシーン。撮影を振り返りながら瑠東が目をうるませると、田中は「何センチ(メンタル)になってんの!? こんな感じで、撮影当日も感極まって震え始めたんだよね。それが遣都にも伝染して、俺にも伝染して……大変だったんですよ」と明かす。しかしそれを聞いた林は「そうでしたっけ?」「(自分は)朝イチにこのシーンかよ、って思ってましたね」とあっさり返答して爆笑を起こした。

ここで田中が、そんな林に対し「1個文句言ってもいいですか!?」と物申す。田中によると、オールアップ後に彼が挨拶をした際、林は涙を流していたそう。「でもそのあとに話しかけたら『え、全然違うこと考えてました。圭くんの話、一個も聞いてないです』って言われて……。連ドラから映画までの1年間を自分で振り返って泣いてたみたいで。……お前、器用か!?」と田中が嘆くと、林は「まあ最後の挨拶なんで、当たり障りない話するじゃないですか」と失言し、田中を余計に傷付けてしまった。

このステージでは、黒澤武蔵役の吉田からのコメント映像も上映。吉田は、瑠東と林へメッセージを送ったあと、田中に向けて「特に言うことはありません」とジョークで締めくくる。そしてイベントの最後に、シリーズをともに歩んできた田中と林が、感謝の言葉を交換することに。田中は「『おっさんずラブ』がここまでピュアなラブストーリーだと思ってもらえたのは、遣都が牧という男を生きてくれたから。じゃなかったら俺の春田はああなっていないし、とにかく感謝しています。というか、めちゃくちゃ楽しかったです」と思いを述べたのち、「ただ1つだけ言うと……たまにズレてるから気を付けろよ。ほんとに。あの、ほんとに。すっごいズレてるから気を付けろよ」と繰り返した。

対する林は「春田という役は、ほかの誰にもできない役だと思います。この立ち位置でできるのは、俳優業をずっと積み重ねてきた人だけ」と尊敬の念を語る。そしてドラマ版のクランクイン直後に、田中の舞台を観に行ったときのことを回想し「楽屋で挨拶したときに『このあと予定あるの? じゃあ、遊び行くー?』って誘われたのを鮮明に覚えていて。変わった人だな、面白そうだなって興味が湧きました。そこからごはんに行ったんですが、今思うと、その時間が(役作りにとって)よかったんだなと。牧という役は『自分が積み重ねてきたものを思い切り出していいんだな』という思いからできあがったんだと思う」と、改めて牧という役を2人で作り上げたことへの感謝を述べた。

「劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~」は全国で公開中。

映画ナタリーをフォロー