映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

山崎賢人&新田真剣佑が目を見合わせ「両思い!」、宮野真守は「プリンスでーす!」

2431

「二ノ国」公開記念舞台挨拶の様子。

「二ノ国」公開記念舞台挨拶の様子。

劇場アニメ「二ノ国」の公開を記念した舞台挨拶が本日8月24日に東京・新宿ピカデリーで開催され、キャストの山崎賢人新田真剣佑永野芽郁宮野真守坂本真綾梶裕貴津田健次郎、監督の百瀬義行、製作総指揮と原案・脚本を担当した日野晃博が登壇した。

本作は、もう1人の自分が存在する世界“二ノ国”に迷い込んでしまった高校生ユウとハルの姿を描く青春ファンタジー。封切り日の8月23日にも舞台挨拶に登壇した山崎は「ほがらかな顔をしていたので、楽しんでもらえたのかなと思います」とこれまでに会った観客の反応を伝える。そしてアニメ作品に初挑戦した感想を「普段は体と声と顔でやっているので、すごく難しくて……」と正直に述べつつも、「また機会をいただけたらやってみたいです」と今後の声優仕事に意欲をのぞかせた。

「僕も普段は体と顔でしか芝居していないので……」と山崎の言葉をまねて会場を笑わせたのは新田。彼は声だけの演技を“難しい挑戦”と表現して「初日が一番役がつかめないし難しい」とアフレコ時を回想し、「ぜひ皆さんと『二ノ国』パート2を」と続編に期待する。永野は声優再挑戦の可能性を問われると「いやいやいやもう大丈夫です! 恐れ多すぎて。すごく練習する時間をいただけたらまた挑戦してみたいです」と謙遜した。

続いて宮野、梶、津田、坂本の4名が「声優界のプリンス、貴公子、カイザー(皇帝)、プリンセス」とMCから紹介される。それを受けて宮野は「どうも、おそらくプリンスです。プリンスでーす!」と挨拶し、「二ノ国という世界観で演じられたのは声優としてとても幸せ」と本作への思いを明かす。カイザーこと津田は「ガバラスは非常にやりがいのある役でした」と、プリンセスこと坂本は「初めてプリンセスと呼ばれて動揺しています」とそれぞれコメント。梶が「声優界では貴公子をやっています」と話し始めたときには宮野から「自分で言うんだね」とすかさずツッコミが入り、会場が爆笑に包まれる場面も見られた。

イベントでは、登壇者たちへ「好きなキャラクターは?」という質問がぶつけられた。一番に挙手した新田が「山崎賢人です」と答えると「僕は新田真剣佑が好き」と山崎も即答し、「両思い!」と2人は目を見合わせる。さらに山崎は「モコモコもかわいい。自由なやつだし、やわらかくて」とキャラクターの手触りにまで言及し、梶が「触ったことある!? 二ノ国へ行ったことあるの?」と驚きの声を上げるが、山崎はなおも触ったことがあると主張。また、宮野が同じ質問の答えに迷っているのを見た津田は「ガバ? ガバラ……?」と自身が演じたキャラクターを選んでもらおうと小声で誘導する。宮野はそれに応じて「やっぱりガバラスですね! ぜったーいにいけないことしているもん、あの声(笑)。すごい存在感を声で出せるつんちょ(津田)のことが好き」と回答し、津田を喜ばせた。

最後に山崎は「この夢のようなチームに参加して、初めて声優に挑戦させていただきました。ぜひ感動して帰ってほしいと思います」と観客にメッセージを送り、舞台挨拶を締めくくった。

「二ノ国」は、全国の劇場で上映中。

※山崎賢人の崎は立つ崎(たつさき)が正式表記

(c)2019 映画「二ノ国」製作委員会

映画ナタリーをフォロー