映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

山崎賢人、なりたいのは鳥人間?宮野真守は「“二ノ国の新田真剣佑”は俺に任せて」

4555

「二ノ国」ジャパンプレミアの様子。

「二ノ国」ジャパンプレミアの様子。

劇場アニメ「二ノ国」のジャパンプレミアが本日7月25日に東京・豊洲PITで開催され、キャストの山崎賢人新田真剣佑永野芽郁宮野真守津田健次郎、製作総指揮と原案、脚本を担当した日野晃博、監督の百瀬義行が登壇した。

本作は、もう1人の自分が存在する世界“二ノ国”に迷い込んでしまった高校生ユウとハルの冒険を描く青春ファンタジー。イベントにはあらかじめ登壇がアナウンスされていたメンバーのほか、梶裕貴も急遽駆け付けて会場を沸かせた。

声の演技に初挑戦した山崎は「百瀬さんが作った世界に自分の声が入っていることに、素直に感動しました」と本編を観た感想を述べる。新田は「普段の仕事で、自分はいかに体を使って芝居しているかを感じました」とアフレコの難しさを語り、「賢人は隣でずっとこうやっていて」と収録中に山崎が見せた激しい手の動きを再現して観客を笑わせた。永野は「みんなで楽しくもの作りできる雰囲気があって、幸せでした」と笑顔で収録を振り返る。

「アフレコのプロにも話を伺いたい」とのMCの声に、「任せてください」と胸を張ったのは宮野。彼は「刺激し合いながらお仕事できるのは声優にとってもすごく大事。“新た”な思いも巡ってくるし……あっ、まっけんのことじゃないよ!」と隣に立つ新田に目配せをしながらジョークを飛ばし、ゲーム版をプレイしていた梶は「作品の世界に自分ものめり込めるような完成度でした」と映画の出来に言及する。そして津田が「リアルとファンタジーがうまく融合している」と低いトーンで作品の魅力を話し出すとその美声に客席がざわつき始め、永野も「すごい声ー!」とはしゃいだ。

舞台挨拶の中盤には、「二ノ国に自分がもう1人いるとしたら、何になりたい?」という質問がキャストたちにぶつけられた。山崎は「空を飛びたいです! 鳥のように」と声を上げて「鳥人間かな?」と共演者たちを困惑させ、新田は梶が声を当てたダンパ、永野は“馬を引いている人”と思い思いに回答する。「新田真剣佑になりたい。二ノ国は俺に任せて。一ノ国の“(宮野)真守”をやってよ」と答えた宮野は、新田との親密ぶりをアピールしたあと、本日が2回目の対面であることを明かした。

最後に山崎は「楽しんでもらいたい気持ちでいっぱいです。自分が二ノ国に行ったらどうするか?という心で観ていただけたら」と、日野は「いい作品になりました。必ず楽しんで帰っていただけると思います」とそれぞれ観客に語りかけ、イベントを締めくくった。

「二ノ国」は8月23日より全国ロードショー。

※山崎賢人の崎は立つ崎(たつさき)が正式表記

(c)2019 映画「二ノ国」製作委員会

映画ナタリーをフォロー