ジョニー・トー「毒戦」リメイクした韓国映画の予告解禁、監督コメントも

160

ジョニー・トー監督作「ドラッグ・ウォー 毒戦」をリメイクした韓国映画「毒戦 BELIEVER」の予告編がYouTubeで公開された。

「毒戦 BELIEVER」

「毒戦 BELIEVER」

大きなサイズで見る(全11件)

「毒戦 BELIEVER」

「毒戦 BELIEVER」[拡大]

「毒戦 BELIEVER」

「毒戦 BELIEVER」[拡大]

本作は、誰ひとり本名や経歴、顔さえ知らない姿なき麻薬王・イ先生を追い続ける麻薬取締官ウォノを主人公としたノワール。彼は組織に見捨てられた青年・ラクと手を組み、潜入捜査を試みる。予告には麻薬に魅せられた狂人たちが集う取引の場に潜入したウォノたちの姿が収録された。

「毒戦 BELIEVER」

「毒戦 BELIEVER」[拡大]

「毒戦 BELIEVER」

「毒戦 BELIEVER」[拡大]

ウォノを演じたのは、「お嬢さん」「工作 黒金星と呼ばれた男」などで知られるチョ・ジヌンだ。彼の起用理由を、監督のイ・ヘヨンは「強烈なエネルギーが、ウォノというキャラクターと共通するところがあると思った。ウォノは自分の標的を無謀に追いかける一方で、人道主義的な側面もある。だからこの役には彼がぴったりだと思った」とコメント。またラクを演じたリュ・ジュンヨルは、自身の役作りについて「顔は無表情。でも内側には感情が渦巻いていて、それをどうやって表現するかを考えました」と語っている。

「毒戦 BELIEVER」は、10月4日より東京・シネマート新宿ほか全国で順次ロードショー。

この記事の画像・動画(全11件)

関連記事

チョ・ジヌンのほかの記事

リンク

関連商品

(c)2018 CINEGURU KIDARIENT & YONG FILM. All Rights Reserved.

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 毒戦 BELIEVER / チョ・ジヌン / リュ・ジュンヨル / イ・ヘヨン の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。