映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「ザ・ファブル」のタッチを決定付けた一言とは?監督・江口カンが活弁シネマ出演

467

左から江口カン、MCの森直人。

左から江口カン、MCの森直人。

映画監督、映像ディレクターの江口カンが出演するWeb番組「活弁シネマ倶楽部」が、現在YouTubeにて配信されている。

ザ・ファブル」で知られる江口をキャリアの初期から掘り下げた同番組。「ロッキー」のパロディ映画を作った学生時代から、CMディレクターとしての活躍、のちに映画版も制作されたドラマ「めんたいぴりり」や長編映画デビュー作「ガチ星」の評価、そして岡田准一主演の「ザ・ファブル」を監督するに至った詳細が本人の口から語られる。「ガチ星」制作時、50歳を目前にしての映画デビューは厳しいと周囲の人に言われていたことを明かす江口。そんな彼が心の支えにした遅咲きの映画監督とは。「ザ・ファブル」のアクションエンタメ路線のタッチを決定付けたプロデューサーの一言についても言及している。

「ザ・ファブル」は全国で公開中。

(c)2019「ザ・ファブル」製作委員会

映画ナタリーをフォロー