映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

パンクな岸井ゆきのが古舘佑太郎の胸ぐらつかむ「いちごの唄」本編映像

168

「いちごの唄」より、岸井ゆきの演じるアケミ。

「いちごの唄」より、岸井ゆきの演じるアケミ。

古舘佑太郎と石橋静河のダブル主演作「いちごの唄」より、岸井ゆきのにスポットを当てた本編映像がYouTubeにて公開された。

本作は、銀杏BOYZの楽曲「漂流教室」「ぽあだむ」などをイメージソースに、岡田惠和が脚本を執筆したラブストーリー。1年に一度しか会えない“あーちゃん”を思いながら日々を暮らす主人公・笹沢コウタを古舘、あーちゃんこと天野千日を石橋が演じた。映像にはコウタと、岸井扮する隣人・アケミの姿を収録。「ケイスケ」という知人の部屋と勘違いしてコウタの部屋に上がり込んだアケミは、間違いに気付かないまま「ああ?」とすごみ、彼の胸倉をつかんでにらみつける。

「白衣の戦士!」の菅原伸太郎が長編監督デビューを果たした「いちごの唄」は7月5日より東京・新宿ピカデリーほか全国で公開。

(c)2019「いちごの唄」製作委員会

映画ナタリーをフォロー