映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

リリー・ジェームズ演じる作家が謎に迫る「ガーンジー島の読書会の秘密」予告編

49

「ガーンジー島の読書会の秘密」

「ガーンジー島の読書会の秘密」

リリー・ジェームズが主演を務める「ガーンジー島の読書会の秘密」の予告編が、YouTubeにて公開された。

第2次世界大戦終戦後のイギリスを舞台とする本作。劇中では、ロンドンで暮らす作家ジュリエットが、1冊の本をきっかけにガーンジー島の“読書会”のメンバーと手紙を交わすようになる。大戦中、ナチスに占領されていた同島では、読書会とその創設者であるエリザベスという女性の存在が彼らを支えていた。取材のため島を訪れたジュリエットは、メンバーと交流するうちに、彼らが重大な秘密を隠していることに気付く。

ジェームズがジュリエット役を務め、ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」のミキール・ハースマン、ドラマ「ダウントン・アビー」のマシュー・グード、「さざなみ」のトム・コートネイがキャストに名を連ねる。「フォー・ウェディング」のマイク・ニューウェルが監督を務めた。

このたび公開された予告編では、ガーンジー島の“読書とポテトピールパイの会”会員を名乗るドーシーから、ジュリエットへ手紙が届く。「彼らのことを書いてみたい」と島を訪れたジュリエットだったが、読書会の創始者エリザベスは不在。映像には、ジュリエットが読書会に秘められた謎を解こうとする様子や、「本に人を呼び寄せる力があるなら、きっと私の原稿にも」と可能性を信じる姿が収められている。

「ガーンジー島の読書会の秘密」は8月30日より、東京・TOHOシネマズ シャンテほか全国でロードショー。

(c)2018 STUDIOCANAL SAS

映画ナタリーをフォロー