映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「パラレルワールド・ラブストーリー」玉森裕太、東野圭吾からの手紙に「光栄」

2646

「パラレルワールド・ラブストーリー」公開記念舞台挨拶の様子。左から染谷将太、玉森裕太、吉岡里帆。

「パラレルワールド・ラブストーリー」公開記念舞台挨拶の様子。左から染谷将太、玉森裕太、吉岡里帆。

パラレルワールド・ラブストーリー」の公開記念舞台挨拶が、本日6月1日に東京・丸の内ピカデリーにて開催され、キャストの玉森裕太Kis-My-Ft2)、吉岡里帆染谷将太、監督の森義隆が登壇した。

東野圭吾の同名小説を映画化した本作は、2つの異なる世界に迷い込んでしまった青年・崇史が真実を追い求める物語。崇史役を玉森、ヒロイン・麻由子役を吉岡が務め、崇史の親友・智彦を染谷が演じた。

上映後の舞台挨拶に登壇した玉森。好きなシーンを聞かれると、悩みながらも「冒頭の、麻由子との電車での出会いのシーンですね。あそこはピュアな気持ちで、唯一“恋愛”していた」と答える。それを聞いた染谷も「電車のシーンは自分も大好きです。なんて映画的なんだ!と」とコメント。そして吉岡は複数のシーンを挙げつつ「崇史と智彦が物語の核心に迫る話をするシーン。私は現場で観ていなかったので、試写で泣いちゃいました」と話した。

キャストらが口をそろえて「過酷だった」と語る本作の現場。そんな中でも楽しかった思い出について質問されると、玉森は「吉岡さんと、家に飾るための写真を撮るために、公園や海に行ったんです。公園にあった大きなすべり台を、監督が誰よりも楽しそうにすべっていて……。ね、監督」と森を見る。森が「実は後日、家族を連れてまたあそこに行きました」と告白すると、玉森は「相当気に入ったみたいですね(笑)」と笑っていた。

同じく本作に関連した楽しい思い出を聞かれた吉岡は「撮影中は玉森さんがどんどん痩せていき、ストイックな現場だなと思っていたんです。でも先日プロモーションのためにバラエティ番組に出て、キャイ~ンのウド(鈴木)さんと一緒にたぬきのコスプレをしている玉森さんを見たとき、同じ人だと思えなくて(笑)。元気そうでよかったと思いました」と振り返る。一度は「ああいう仕事もやらなきゃいけないんです」と返した玉森だったが、すぐに「すいません、めっちゃ楽しんでやってました」と白状した。続いて染谷も、キャスト3人で出演したバラエティ番組にて、ドッキリにかけられたことを明かし「部屋に通されたら暗くなって、目の前にアパ社長が出てくるというなんとも言えない構成だったんですけど……」と笑いを起こした。

「またこの3人の共演作を撮るとしたら?」と質問された森は、本作の続編製作を希望し「そのときにはまた玉森くんに15kgくらい減量してもらって……」と提案。「(痩せ過ぎて)カリッカリになっちゃいますよ!」とあわてる玉森だったが、続編というアイデアには賛成した。

後半には、登壇者たちが「最近解けない謎や、わからなくて困っていることは?」というテーマでトークすることに。玉森は「何かを家でなくしたとわかっているのに、見つからないことってありません?」と切り出し、「こないだスリッパをなくしました。見つかりましたけど……デニムの上に乗っかってました」と具体的なエピソードを挙げる。染谷は「半年に1回くらい、絶対に右足を捻挫するんですよ。それが謎です。こないだカフェを出たとき、ちょっとした段差でパキッとなった」と話して森らを心配させる。続く吉岡が「この間、完成披露舞台挨拶のあと、監督に『本当に(トークが)下手だな』って言われて……」と暴露し始めると、森は「宣伝全般にわたって俺をディスりすぎ!(笑)」と嘆いていた。

舞台挨拶の終盤には、玉森へのサプライズプレゼントとして、原作者・東野からの手紙が読み上げられた。「崇史の内面は、私がこれまでに創作したキャラクターの中でも飛び抜けて複雑です」「正面から取り組まれたことに敬意を表します。今後さまざまな役を演じられるのだろうと思いますが、このたびの経験が少しでも糧になることを祈っております」という東野の言葉に、玉森は感激。「光栄です! 監督にもたくさん追い込んでいただきましたし、(映画の中の崇史は)皆さんのお力で生まれたもの。いろいろな方に感謝したい」とコメントした。

「パラレルワールド・ラブストーリー」は全国で上映中。

(c)2019「パラレルワールド・ラブストーリー」製作委員会 (c)東野圭吾/講談社

映画ナタリーをフォロー