映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「雪子さんの足音」寛一郎が吉行和子の演技に感嘆「チャーミングだけど妖怪チック」

116

「雪子さんの足音」初日舞台挨拶の様子。左から寛一郎、吉行和子、菜葉菜、浜野佐知。

「雪子さんの足音」初日舞台挨拶の様子。左から寛一郎、吉行和子、菜葉菜、浜野佐知。

雪子さんの足音」の初日舞台挨拶が本日5月18日に東京・ユーロスペースにて開催され、キャストの吉行和子菜葉菜寛一郎、監督の浜野佐知が登壇した。

木村紅美の同名小説を実写化した本作は、大学生の薫が下宿先の月光荘の大家・雪子と交流を深める中で、女の欲望とエネルギーに取り込まれていくさまを描く物語。これまでにも吉行とタッグを組んできた浜野は、吉行からLINEで「とんでもないバアさんの役はありませんか?」と連絡を受けたと明かす。「その言葉が今日につながる幸せの始まり」と封切りに笑顔を見せた。

雪子を演じた吉行は「“とんでもない”の前に、本当は“素敵な”をつけようかと思ったけれど、それは控えました」と冗談を飛ばしつつ、「寛一郎くんの困っている顔を見るのが楽しかった。迷惑そうな顔をしているのを見ながら、かわいいなあと思っていました」と回想。薫役の寛一郎は「吉行さんはチャーミングで魅惑的。その一方で、笑顔の奥にある狂気的なものも見えて、いい意味で妖怪チックな場面もありました。薫が惹かれていくのもわかる」と吉行の演技に舌を巻いたことを話した。

月光荘の下宿人・香織役の菜葉菜は、吉行との共演を「こんな光栄なことはないと思いながらも、思い切り甘えさせていただきました。吉行さんは今でも女性の大人の色気がある方で、憧れであり目標です」と喜ぶ。浜野は「この映画は吉行さんのための映画なので、吉行さんが存在しなければ作りませんでした」と思いを明かすと、「私と吉行さんは、とんでもないバアさんの強烈タッグです!」と力強く宣言した。

(c)2019 株式会社旦々舎

映画ナタリーをフォロー